先週末はぷちcompeでした。
compe自体数年振り…
旅立つ仲間を祝ってがっつりイベントしようということで企画!

セットは2週間前より、旅たつ三人が楽しめるあたりの難易度を定休日や営業時間外で、みんなそれぞれセット。

image

私は余った課題数を、
遠くから来てる人がいた場合楽しんでもらえるよう、
また初級者が楽しめるようにセットをした。

最大限みんなが楽しめるように。

旅立つ三人は決勝に残れるように…また、誰でも可能性があるようにと……
三人の完登平均値に近い順で決勝をすることに。
1人は圧倒的に優位だが、決勝課題はその時間のみ公開。またその課題を味わえるように能力値のあまり活きない複雑なものをセット。見栄えよりも本人たちが楽しめる内容を重視した。
こだわりすぎてそのセットは深夜まで及んだ。
(わずか15分程度の命だが…)

あとは圧倒的な刺激をみんなに与えたかったので、完登本数が一定を超えた人を対象に決勝をやることに。
もし該当がいなければそれはそれでいいかと思っていたが、九州のトップの一人が来店してくれたので、課題も活きた。

当日はみんな手伝ってくれ準備が進む。
image

image
一旦外しておいたホールドをつけ直すので、なかなか時間がかかる。

19:30
予選開始
image

image
久々のコンペ主催に感覚が鈍っており、不手際も自覚し罪悪感もあったが、
それ以上にみんなが必死に課題に取り組んでいる姿をみて報われた。
すべての人に楽しんでもらえるように、
そうじゃなかったとしても、
それを目指して突っ走ることに意味がある。

20:45
決勝
image

image

21:20 すべて終了
image

image

「参加いただいたみなさん、本当にありがとうございました。
旅立つ三人にはまた言葉がけはしますので、今回は略すけれ少しだけ。
1時間、ゆっくりと登りを見てたわけだけど、
この1年半で健やかに上達、それは心身ともに……
心の強さや人としての成長…それもとても大切で
それらを兼ね備えた登りをここで見せてくれ、
私はすごく嬉しい。

こうやってじっくり見るのは最後かも知れないと考えると、
少し感傷的になってしまうので、
少し早めにビールを飲ませてもらったのです。

もうわかっていると思うけど
強くなってほしいなんて言わない。

多くの人を感動させれるような人に、さらにはクライマーになってほしい。
心の強さをある程度突き詰めた先に、能力の向上も必然的についてくるということも明らかだから。

さて、
参加してくれたjoyの皆さんにも深く感謝。
遠くから来てくれ、場を共有しみんなに刺激を与えてくれたすべての皆さんにも強く感謝。

また次の機会もよろしくお願いします。

最後に、
集計、ジャッジ、タイムキーパー、呼び出し、駐車場、火おこし、飲みの準備、選手サポート、ホールドセット、会場準備…上げだしたらキリのない業務にサポートしてくれたみんなに感謝。

image

潰れるほど飲んでもらえていたなら幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です