対岸着手、再見。

日差しの躱し場所のない対岸。
いい加減着手しないと見込みが立たないので強行。
image
梯子を渡れば、そこはもう灼熱。
気温40℃弱は流石に辛かった。

久々に訪れたその地は、自然に還っていた。
image
エリア偵察が完了した頃には完全にばててしまった。
少し休んで、登り残していたラインの整備。
image
朦朧としており整備もいい加減。
大丈夫だろうと信じ速攻トライ。
登りながら気付いたが、ランディングは空中であった…。
image
グレードはよくわからない。
鳳凰の左なので ポ王 とした。

その後も登り続け、既存のグレード確認と新課題設定。
image

まだまだ時間が必要だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください