image

たどり着いた頃にはすでに、陽が沈みかけていた。
夕陽があたり、岩は橙に染まる。
それはとても美しいのだが……。

険しいアプローチは、行きの整備により大幅に楽になった。
しかし難解さは健在で、暗闇の中帰れる自信は無い。

すぐにシューズを履き、アップと決めたクラックに取り付く。
「中間のクラックまでうまく切り抜ければ、あとは易しい」
と、読むが
そもそもクラックまでたどり着かない…。

陽がどんどん落ちていく。

グレードの見込みを誤った。
30分程度だし続け、アップが終わったところで振り絞り、
辛うじてクラックまでたどり着いた。

完全に安心しきったが、
image
案の定易しく、無事岩の上に立てた。

image

スケールのある良い課題であった。
逢魔が時 v8

さて、暗闇が訪れる前に車に戻らねば。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください