「糸島」カテゴリーアーカイブ

枝村さんと共に/Tiamat

10.11
ライトフットワーク枝村さんと岩へ、場所は糸島。
まずは気候が良くなってきたのでニライカナイのエリアを案内。

img_0934

写真は閃雷 V8/9
何やかんや言いながらクリも登った。
色んなラインをまったりと登る。

img_0837

昼過ぎ、エリアの移動。
枝村さんガイドで野北へ行く事に。
私は初来訪、
アプローチは二つの崖を越える。
苦労して訪れた先に広がる殺伐としたエリアは、
とても美しく感じた。

ひとまず、既存課題 月に吠える 二段をやる。
img_0936
私もようやく二日酔いがさめてきたので参戦。
moveの作成に少し時間がかかったが、無事登ることが出来た。

他にもちょこちょこ触り、落ち着いたところでbig projectをやる事に。
メインのその岩は、
このエリア中央に崖に挟まるような形で在り、
ずっと気になっていた。
img_0935
こいつに対峙すべく、ここを案内してくれたのだと思う。

ぱっとこんな凄まじい岩を案内出来る情報量と処理能力…
先日に引き続き、先人の偉大さを感じた。

かなりのハイボール、そしてランディングの悪さ、マットの弱さ、
数便で完全に心が負けた。
下部の核心をこなして満足だと言い聞かせ撤収。

お世話になった枝村さんと別れ、仲間と共に帰路へ。

夜、
家に帰ってからもずっと、その岩は脳裏から離れなかった。

10.12
二日後、再来。
今回は単身、アプローチもそれなりに過酷なので荷物を迷った。Mサイズのマットを二枚持って行くか、大型マットにするか…。

どちらにせよ後半で落ちることは許されないので、未知なる部分、中間部の強度を見越して大型マット、サターンを選んだ。

big project再開。
とりあえず下部は順調に出来た。中間部、横の岩をステミングしてホールドを探るが案の定、あまり良くない。
そこそこ距離がある。

とりあえず高さがあるので、1便1便体力を有効に使って攻める。
現場合わせで想定したmoveと違ったが後半まで何となくわかった。

あと1手だすと引き返せなくなるところまで出来た。

リップを越えた先にある後半のスラブもやばそうな気がした。
クラックがガザガザしてて、少し脆そうだ…。

隣の岩の天辺から移って確認する事に。
移る際、かなり緊張したがホールドの効きは良さそうであったので思い切った。

予想通り、比較的良い。
マントル…リップにスメアするポイントがかなりたるい……。
引き返す。

これはやばい、大幅に休み再度トライ。
勇気がいる。
振り絞ってスメア、かきこむ。

右手クラックの中のホールドが欠損。
かなりビビったが、大して体重はかけていなかったので体勢は安定しているしフットホールドは生きている。
もう行くしかない事はわかった。

右手を持ち直し、マントル返し立ち上がる。
img_0937
安定。
残り1.5mのスラブ。足が震えた。
先程欠けたクラックに左足、出来る限り安定してそうな場所を選ぶ。
もう引き返せない、進む。

カチを発見、しかも両手分。
さらに次の右足スメア分の足も安定していそうなポイントがある。
そこに最低限の動作で乗り込み、リップを掴む。
言葉も出なかった。

無事にトップアウト。
放心状態、
ひとまず一箇所を除き全て出来た、これは可能だ。

相当休む、
気づけばトライ開始から3時間。

繋げる事に。
中間部を越えたとして、心折れていれば左の岩に、ようは後半部のスラブをバラすために使った隣の岩の天辺に逃げようと決めた。

集中、
1便目

中間部は上手くいく、バレていなかった場所も決めていたmoveにて成功。
後半に突入。
シビアなヒールが要求されそうなポイントも心の準備が完璧で、上手く出来た。
気持ちは最高潮、そのまま突っ込み足は震えていたが気づけばスラブに突入し、気づけばリップを掴んでいた。
そして気づけばトップアウトを終わらせていた。

無事に登れたのだ。

広大な海に因み、
名はTiamat とする。
グレードはよくわからないが一応V10を提示したい。

間違いなく言えるのは、
この地のこの壮大かつ大胆なロケーションの中に相応しい一本であり、
今の次元であれば、ここに訪れるクライマーなら誰もが見上げるラインであろう。

その可能性に、
早くも10数年前に訪れ見上げていた先人が、今尚最前線で開拓を続けており、一緒にクライミングが出来るこの環境に感謝したい。

暫く休憩し、
落ち着いたところで大好きな荒々しいアプローチを帰る。

さぶさん達と海、夜は単身山へ

9.11
さぶさんグループと糸島の岩へ。
まずは大入。
気温上がりきる前に、仲間の目標HDJ。
必死に打ち込む。
この光景が何となく嬉しい。
image

潮が引いた頃合いを見計らい帯岩へ。
※帯岩は一応シークレット扱いとなるため、昔からネットには地名を上げぬよう協力お願いしています。

皆、それぞれ適当にセッションし楽しんでいる中私も色々触ってみたが、どれも全く進展なし。

数時間滞在し、まだまださぶさんチームは登り足りないようであったので唐泊へ。

image
到着すると満潮近く、
岩陰に人影があったと聞いたが会う時とはなく。

1時間程度サブエリアで登る。
私もパラノイアのext projectを。
何だか行けそうな気がしてきた。
というかサブさんがサブエリアで登るって何だか面白い。

みんな満足した所で撤収。
仲間を送るため、福岡店へ。そのままみんなで何だかまったり。
夜になってしまった。

その時間で私は完全回復。
翌日の天気は雨、急遽ナイトで山にある切株からジャンプするprojectをやる事にした。

ギアは昼のまま、食料や水もあまりがある。
突入。

切株からジャンプし、遠くのカチを狙う一手はこないだ成功していた。
前回は、そこからはるか遠い真上のリップに絶望を見た。
リップの右側なら狙えそうな気がしたが、それこそ落ちたら切株に突っ込む。

切株に落ちたくないなぁ、
何て考えながらマット折りたたんでスタートのジャンプを簡単にして、リップとりをバラす。

切株が怖すぎて腰がひける。
それでも掌1個分まで距離を詰めれたので行けることを確証。

マットをどけて、出だしから繋げる事に。
すると切株ジャンプが成功しない。
しかも失敗すると結構無様に地面に叩きつけられる。

落ち方があまりにもカッコ悪い…
落ち続けると情けなくなりそうなので1手目もちゃんと集中して跳ぶ。
image
3便目できちっととめ、そのままリップランジ。
とまった。
簡単なマントルを返しトップアウト、完登。

安心した。
何だかこのまま落ち続けたら、トラウマになりそうだったにで登れてよかった。

名はトラウマ、グレードは一応v9にしたいが、リーチによって明らかに左右する。
あくまで目安としてつけたい。

暫くのんびりし、予報通り雨がぱらつきだした頃、撤収。

サブさん達と

8.7
旧知の仲である長崎のクライマーとともに岩へ。
久々の再会。きっかけは私の書いたとある記事に興味を持ってもらったこと。
懐かしく、久々にあったサブさんは昔一緒に登っていた時と変わらないままの凛々しいサブさんであった。
クライマーの内に秘めたモチベーション、それらは何時も変わらないということを感じ、勝手に嬉しく思った。

目的のエリアはアップができないということで大入にて集合。まずはHDJで遊ぶ。

image

身体も起きた頃、車で大移動。ビックマンタのエリアへ。
少し気温は高かったが、色んな課題をやってもらい日暮れ寸前まで登る。
私も仲間の初登した課題をやったが、かなりはまってしまった。

image

クリ初登のsoymilk.私はv7あたりに感じた。

最後はみんなスラブをやってる合間に切株からジャンプするという変なpをやり、コツをつかんだところで終わり。
image
公開までもう少し調整があるのでしばらくお待ちを。待ちきれない方は連絡くださいな。

海へ

3.19
雨、午後より晴れの予報を受け乾きの良い岩へ。
場所は若者の希望で海岸線。

正午過ぎにエリアには着いたが、まだ生乾き。
以前枝村さんに連れて行ってもらったハンバーガー屋で時間を潰す。

image

再び戻ったころには大凡登れるまでに乾いていた。
というわけで、登り始め。
このエリアのメイン課題はトラバースv5。岩盤ランディングで怪我人も多い。私も当時怯み、そこそこ時間を費やした。ただ、このラインの美しさは九州随一であろう。
地域柄、公に開けないのが残念だ。
若者のフラッシュを見届け、私もダラダラクライミング開始。

image

とりあえず数年前何となく取り付いたルーフのラインをやる。
この日は何故か速攻でmoveが出来、繋げに入る。
スタートも何パターンかできたが、下部は狭っくるしいだけでジャムがバチ効きするので難易度に影響せず、気持ち悪いだけなので、心地良く動ける位置から開始した。

繋げ3便目で登れる。
もうちょっと難しいであろうと思っていただけに残念だが、moveはそこそこ面白く、フック解除の振られのダメージが心地良い。

image

とりあえずみんな落ち着いたところで福岡店に移動し、本日も無事終了。

秋霖とトンビの記録

動画を見るためにアクセスした人のために、
先に動画のリンクを上げておく。

★トンビ v10 大入エリア
2015年5月、井関初登映像
2015年9月、シュウジとともにrepeat

★秋霖や
秋雨降りしきる中、かろうじて取り付ける数少ない岩の一つで。
トップアウト出来ないのが残念。

では、通常の日記を。

9/7(月)
予報では曇り。ただ山は降っていると見込んで車を走らせる。
雨の日でも案内する事ができるよう、雨でも登れる岩探し。

image

とりあえず見込みは立てていたので、ボコボコ出ては来るものの全て雨に弱い…。
高原にも乾きの良い岩が幾つかあったが、雨の真っ只中では……。
…20分程度迷って、一本だけ登り今回はやめた。

その後もダラダラと周る。

image

image

運転と歩きにいい加減飽きた頃、保険を掛けていた岩で登る。
想定していたより悪く、随分と時間を取られた。

登れた頃には身体も指先もズタボロであった。

image

再び、巡回へ。
その後は霧と日暮れで視界がなくなり、無駄にガソリンを消費しただけで終わってしまった。

労力の割に合わない登りと発見。
それでも、良い1日であったと言える。

9/8(火)
疲労困憊、でも夕方まで時間がある。
外を見ると晴れている。

何となく大入へ。

image

岩に着くと、シュウジがいた。
一緒にトンビをやる事に。
アップを適当に済ませいざ参戦、
と思った矢先、シュウジがいきなり神憑り、完登。

image

さっきまではボテボテは何だったんだ…。
30分だけ付き合ってもらったが、その間に登る事が出来ず。
しゅうじは帰っていった。夜勤明けらしい。
何てmotivationなんだ。

マットが一気に減った。

とりあえず気を取り直して、ちゃんとアッパーパートのhardDJをやる事に。
暫く何パターンか試し、ようやくしっくりくるものを見つけた。
というより、結局シュウジシーケンスであった。

繋げ1便目、
あまりに指先が痛く、握り込めずにラストのランジで失敗。

案の定指先の皮が裂けていた。アロンアルファでくっつけ、固まった頃、2便目。
辛うじて登る事が出来た。

これで捉えきれていなかったら、登りきれていなかったであろう。
登れてよかった。

image

一週間分の指皮を使い切った。
まだ週も前半……どうしよう。。。