「joywall」カテゴリーアーカイブ

上級キッズ(ユース).テーマレッスン告知

上級キッズ(ユース)テーマレッスン

内容”円運動と直線運動/スタビラ”
クライミング動作において指先を点として、円運動と直線運動。その習得の自覚と訓練、使い分けの特訓を行います。
実技メインなので時間、定員を大幅に絞らせてもらいます。
今回は対象を絞ってるので、時間をより有効に使うため講義はほぼなし。

また初日と2日目の両日参加もありますのでより多くの刺激を入れるために場所を変えさせてもらいます。全4回、一回の参加から可能です。

●推奨年齢 10〜16歳
●安定して登れるグレード 3級 (リーチを加味したグレードです。大人リーチ課題で3級が登れるならまず問題ないでしょう。やる気次第でこの限りではない)
●日時 4/1土 1回目 9:30〜11:00 2回目 17:00〜18:30
4/2 日 3回目 9:30〜11:00 4回目 17:00〜18:30

●単発 ¥3000- / 2発 ¥4000- /3発 ¥6000- /4発 ¥7000-

定員 各回 5名
連絡先 tajippei@gmail.com / joywall@tsm.bbiq.jp
もしくは田嶋一平まで。

動画は初級キッズのプレ。

龍体とリツと感受性

先日、子どもたちと勝手知り尽くした龍体山へ行ってきました。

岩場は子どもたちにとって遊び道具の宝庫です。

ただ、岩はジムと守るべきものが変わります。
岩はクライマー以外の人とも接する場所、大切にしなければならないものもたくさんあります。そんな難しい話をしつつ、岩登りを満喫してきました。

何を感じ取れるか、
何か出来そうで何が出来なさそうか、
何が危険で何なら大丈夫そうか、

自分の身をもって感じれるよう
感じれるクライマーになれるよう
極力見守りつつ

難しいことにもこっそり誘導しながら…。

たくさん岩を登りました。
後は怪我を完治させて、炸裂させるだけです。
(思ったより回復していないのでこっちはもう心配で心配でたまりません。。)
コンペが続くようですが、先を見据えて今は慎重に進んで行ってほしいと思います。

特殊スポーツのインストラクション

今月頭よりミーティングを重ねて、もう時期始動のクライミング施設。
スポーツジムの一角にある其れをどう活かすか。

運営の方針と実働を一致させるためのシステム構築。
どちらかというならミーティングと準備に時間をかけた。

構想が出来ればあとは一気なので、
諸々準備すべきものを教示。

話し合う末で需要と供給が現状で一致していないので、
ホールド手配、メーカーに無理を言ってお願いした。
有難い。
img_1815

流石に時間が惜しいので、安全面の配慮と細かい点はお願いし、一日かけてコース等含めたシステム実構築。
コースに関しては、幾つかはインスト用に福岡店に持ってきたい内容のものも。現に講習会で使った際は、やはり扱いやすかった。
中級クラスのコースも、クライマーにやってもらいたい内容に仕上がったものも……。

翌日、オープン前に講習会。
その一旦でもちろんクライミング。
img_1813

プロのインストラクターの姿勢や接遇に関する意識を、私も目の当たりにし勉強になった。
早めのフィードバックを行うために、上手くセンサーが発揮されると最高だ。

合間に、急遽依頼を受けた( ̄▽ ̄)、全く正反対のエキスパート対象セット。
img_1814

OD宗像店のセミマンスリー上から5課題として使われるようです。
是非とも登って感想をお聞かせくださいな♪

穏やかな店番日。(の予定)

9.7 掃除も終わり今から店番。
久々にレッスンの入っていない店番日。

出張なり上級者レッスンなり慌ただしい日々を過ごし、毎日全力。
遠方よりセットの声かけ頂いたり、遠方よりレッスンに来てくれたり、有難いことだと思う。本当に感謝。

ユース全国クラスの子は、目標を達成したとの嬉しい報告。
そんな子達のレッスンも、国体選手のクリニックも、エキスパートの相談も、中級者達の講習も、はじめたてのキッズ達レッスンも、それぞれが刺激的で、レッスン中の情報は私も勉強になる。

というわけでいい加減溜まりに溜まった事務仕事とデータの整理をせねば。
今日終わらせておきたいなぁ、

そんな穏やかな1日のスタート(のはず。)

メガ九州!

ずいぶん時間が経ってしまいましたが、
セットとイベント…最高の三日間でした。

image

様々な出逢いと久々の濃い再会、
そして刺激を感謝。
発足の安田さんや運営の元さんODスタッフの皆様や、セッター、参加者の皆様にも……

内容についてはみんなが書き尽くしてることだろうから、略させて貰います。

image

参加された方に写真を貰いました。
image

人多すぎてあまり絡めなかった人も沢山いましたが、それでもちょこちょこ話せて良かったです。

また何処かの岩場で?!