9/6(Thu)
涼しくなりはじめたということで開拓再開、1ヶ月ぶりのコヤ。

アップで上部の大昔に登られている岩を確認。

そして夏前にチラッとやったプルスウルトラ(栗崎初登)V7/初段。
この時は左手薬指を痛めており思い切れなかったが、今回は気持ちよくランジすることができた。

落ち着いたところで移動、王蟲の岩へ。
この岩もあと何本か出来るが…
デカすぎて整備が面倒くさい。。。

王蟲右抜け、その正面に丁度竹が生えており、そいつを上手く使って掃除することに。

ホールドは確認できたので上に回り込んで決死の思いで泥と枯れ葉を落としひと段落。

核心はリップ手前のポケットにランジするmove、か…。
成功すればそのmove、相当痺れるしカッコいいはず。
この日は心の準備が出来ておらず、ここで終了。


4日後の9/10(Mon)
雨上がり、ダメ元で行ってみることに。
案の定、地面も入口の岩も濡れていた。

王蟲の岩は…

黒い…が、下部のホールドは何とか生きていた。
上部、問題のポケットはどうか。竹を登って手を伸ばすと…
微妙、、、湿気ているし奥には水が溜まっているが、持てないことはない。

タオルをつっこんで、乾きを待つことに。
その間に下部を完璧に仕上げる。

早くも3便目、ランジ体勢突入
ただ、怖すぎて手を出せる気がしない。

仕方なく気持ちを切り替える。
右ヒールを決めてスタティックに行きたい、という事で右足を送るために右手を探すとたるい形状が戦力になる事が分かった。

翌便、見事に成功しポッケに届く。
とはいえ上部突入するにあたっての心の準備が出来ていなかったので一旦飛び降りる。

そして翌便、無事岩の上へ。

まさかこの日登れると思っていなかった。
想像していたmoveと全く違い、難易度も期待する程ではなかった。
それら少し残念ではあるが、
この移動距離を6手で済ます豪快なラインを味わえたのは良かったと思う。

個ニシテ全 グレードはよくわからないので公開前には定めたい。

その後脇を整備し軽く登り、
夜仲間と約束していた「七輪を囲む会」に間に合うべく撤収。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください