陽太とノーアップおじさん

5/4
陽太と朝練でOz。ノーアップおじさんと共に。

この男、アップなんていらねーぜからはじまり…
ユースに対し実に教育に良くない発言を繰り返しておりました。

それに私もひたすら乗っかり…
刺激的な朝練になったと思います。

滅茶苦茶なこの男、
型が合えばv9あたりflashしてきます。
(真白き道v9 flash)


(写真はボコボコ返り討ちにした必殺v10(*´∇`*))

そんなスタイルもあっていいじゃないか。
だって岩登りなんや、
岩登りはスポーツじゃない。

確かに室内のクライミングは、スポーツ的側面の関与が高まる。
岩はどうか?
室内で行うクライミングに比べ、とても不便に感じるであろう。

それこそアップにも普段ジムで行うルーチンは使えなくなるであろう。
全て与えられた環境下でしか発揮できないアスリートは果たしてクライマーと呼べるのか?
(論外なのが、岩でも完全なパフォーマンスを発揮できる環境を強要しようとする指導者。下地なり周辺環境の快適さなり。まずはどこでも発揮出来るよう育てなさい。何故岩が人に合わせねばならない?)

論拠だとかアスリート教育だとか、そういうのも勿論大事だと思う。
むしろ私は専門家や遠方の有識者に恵まれていると断言でき、どちらかというならクライマーぽくない主張をすることも多いと思われ…

ただ
「全ての価値観をスポーツ的観点からクライミングにあてはめる」
ことだけは違和感がある。


全てを兼ね備えてこそクライマー、だと私は思う。
そういった意味で、
はっちゃかめっちゃかでボコボコしてながらも強いクライマーの背中を見ておく事、
私は大切だと思い同行する機会をつくった。

ノーアップおじさん、大人気なくムキになって登ったOz v9
「これも傑作やーーー」
と言ってくれ私も満足。

得手不得手が極端に酷いこともわかり、グレードについてはあてにしないことにした(笑)。

陽太が何を感じたか。
色んな世界を知って、自由な発想のもと自分を作りあげてほしい。


今週末は陽太含め、関わっているユースの子らが鳥取で行われるクライミングの大運動会みたいな行事に参加する。
私も応援とか指導とかではなく、甥っ子の運動会を見に行くみたいな立場で行こうと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です