10月24日
翌日より福山出張につき、前日入りし広島の岩に出向いた。
今回は大分のダイさんと。

目的は、前回稲垣さんに教えてもらったチョックストーンproject。
ここ半年何となく頭の片隅から離れなかった岩にようやく対峙できる。
どんなものなのか…
可能性はあるのか…
どれほど勝負になるのか…

10時より登山開始。
というのも目的の岩は山の8合目辺りにある。

途中、ココペリクライマーと合流しさらに登りつめ、1時間程度で到着。
相変わらずその岩はかっこよかった。

アップ不十分ながら、気持ちを抑えきれずに取り付く。
トライの合間に横のスラブを登る同志を眺める。

1時間程度、カチを握り込みへばりついては落ちる、そんなことを繰り返した。
登れはしなかったが満足した。
これは人類でも到達可能な域だ。

出直そう。
お日様も真上辺りに来たところで、広いハングのある岩を目指す。

一旦9合目まで登り南の谷の5合目あたりまで下る。

相変わらず立派なハングだ。

ここには前回私も面白く登らせてもらった既存の課題があり、
是非ともダイさんにやってもらいたくやってきた。
さらに言えば私も脇に引けそうな3本のラインが気になっていたので丁度良い。

いざホールドを観察すると…
どのラインも2〜3手分ホールドが濡れている。
諦めきれずに全てやったがどれも中途半端に攻めきれず…。
乾いているところを登ろうと試みてmoveをばらしたものの、ラインがかっこ悪い……。

潔くやめる。

ダイさんが登ったところで、不完全燃焼をはらすべく来た道を戻り!
再び最初の谷へ。
こんなアホな判断に付き合ってくれたダイさんに本当感謝。

日暮れまでしっかりと登ることが出来た。

翌日から始まるセットに備え、夜は福山市内に泊まる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください