先週末、鳥取にてボルダリングユース日本選手権が行われた。
教え子の参加を見守るため私も行く事に。


5/17(Thu)23時閉店、翌日の鳥取の予報は雨。
少しでも自分のクライミングをするべくそのまま出発。
予定では7時着。
3時間でも登れれば安泰。

少しだけ休憩を挟み、予定ややオーバーの9時着。
かなり眠いが雨が降ったらゆっくり休もうと決め岩へ。


ネットの情報だけでは注意事項等しっかりと守れるか不安だったので、事前に鳥取で登っている地元クライマーをsnsで数人見つけ、連絡していた。
怪しまれたかもしれないが、鳥取のクライマー皆親切に情報を教えてくれ非常に助かった。
感謝感謝…(お土産を忘れるという失態の話はまた。。。)


向かった先は三滝。

入口に多少迷う気がしてGoogleストリートビューをスクショしていたが、その必要もなく道端に突然岩が現れた。

到着、
正直岩が触れたらいいや程度の期待であったので一気にテンションが上がった。
「すげー岩や!」

バタバタとエリアを確認。
いくつかは濡れておりトライできそうになかったがそれでも十分遊べそうだ。

雨が降る前にと、いそいで取り付く。


斬 二段


段 初段

雨降る前に登れる限り登ってやろうと動きまわったが、結局降らぬまま…。
相当疲れた。

ただその疲れも、せせらぎが癒してくれ昼寝出来そうなほどの心地よさ…
このまま昼寝しようかとも思ったが、時刻は11時。
ここは九州ではない!まだまだ登れる!
勿体ない精神発動し、移動する事に。
向かうは、ざっくり調べておいた落折へ。


三滝、
何よりロケーション、岩、共に素晴らしい。岩の数や高難度こそ少ないものの課題のセンスも素敵で、それぞれの岩の主要課題は睡眠不足を忘れるくらい夢中になれるものであった。開拓者、公開した方、情報提供者に感謝。
無理して来た甲斐があった。


記録(順に)

プラナリア 3級 Flash
斬 二段 Flash
段 初段
変体low start
スペスィフィケイション 3級
ランジ 1級
清い流れ 初段 Flash
天辺 6級
ハイドロポーション 1級/初段
風 初段
〜他

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください