先駆者とアサギマダラの存在

day4
最終日の朝を迎えた。
天気は曇り、今回見ていなかった岩を案内頂く。

先に歩く室井登喜男氏
20140906-161007.jpg

後ろ姿は私がここに居ようが居まいが
きっと変わらない。

先駆者はこうやって静かな森を開いて来たのでろう。

晴れた週末にはこの後ろ姿は見れなかったかもしれない、
アサギマダラの話を聞いた。

瑞牆で最も圧倒的なライン、
話を聞いて思った。

この完成はきっと必然だったのだと。

ボルダリングのスタイルを追求し続け、
瑞牆のボルダリングを誰よりも先に愛した氏。
その出逢いも、時代も、能力の限界値も、全てが偶然とは思えない。

氏の熱意を、応えたのであろう。
熱意はそう簡単に裏切られない事を私は知っている。

集大成、
……私は、時期を逃さずにやれるだろうか。
逃げずに誠実に向き合えるだろうか。

絶望岩に逢いに行きたくなった。
絶望岩
20140906-164440.jpg

話を戻して、
霧の瑞牆、全くもって登れそうな感じではない岩達。

20140906-161036.jpg

20140906-161047.jpg

指人形の岩はそこそこよかったので、そこに落ち着き、
それなりに登れたところで瑞牆を閉めた。

助手席に乗り込むとき、
これで終わりかと思うと少し寂しくなった。

韮崎駅に着き、電車が来ていることに気付きバタバタお別れの挨拶。
無理矢理乗り込もうとするも間に合わず( ̄▽ ̄)
湿っぽさが一気にとんで丁度よかった。

さらば韮崎。
20140906-161055.jpg
その後はソソクサと空港まで向かい、まったり過ごし飛行機を待った。

…22:00
福岡着、飛行機を降りて歩く。
はじめて踵の痛みを自覚した。

これは暫くレストだな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です