「joywall店番日記」カテゴリーアーカイブ

シーズンオフ

先週末は飲みからの岩場。

20140512-215309.jpg

岩場でみんなが健全に過ごすために…

20140512-215447.jpg

初心者に、
少しでも多くのことを感じてもらえたら…
少しでも伝わるように…

岩場常連組の仲間たちにこの日少しでも多く登れるように、先に登っておくよう言ったつもりであったが。
気付けば去年育ったメンバーも一緒に聞いていた。

先日様々な話をしていたので、
背中越しに彼らの想いを感じた。

いつか私がそこに立てるように、
少しだけ期待して。
今回いつもより熱く説明したのは、彼らのため。

若者ひとりは山に夢中であった。

20140512-220300.jpg

さて、私のクライミング。
密かに狙っていたproject。

夕方に開拓中エリアへ移動。
エリアに入った瞬間、希望を失った。

空間的に日差しで暖められた熱が、エリア一帯に篭っている。
一応真っ先にprojectの様子を確認。
核心のholdに触れる。
まったく持てる気がしない…たかだか数歩歩いただけで汗ばむ空間。

言葉にはしていたが、初めて季節の終わりを自覚した。

何故だか物凄い空虚感を感じる。
もしかしたら初めてかもしれない。
絶好調の状態でシーズンオフに入ることが……

殆ど大きな故障のない我であるが、
ほんの数回の故障は全てシーズンの終わりと共にであった。
仕事が立て込んでいる状態での不調からのオフと合わせると、今年は稀な状態。

さて、
どうしたことか。

仕方なくトレーニング期に入るしかないのであろうか。
ただ、レスト期を踏まなくて良い分、期間が長くとれそうである。

進もう。

ゴールデンウィーク

ゴールデンウィーク、
様々な再来があった。

20140506-201716.jpg

20140506-201752.jpg
和歌山から犬とともに。

20140506-201835.jpg

関西から、旧友や
山口から教え子が。

20140506-201944.jpg

一日は一緒に岩に行くことが出来た。
この日を一番楽しみにしていた仲間は、前日のあまりに楽しい飲み会ではっちゃけすぎ二日酔いで午後から合流……

tak以外は特に成果なく終わったが、それでも充実した日々であり最高のゴールデンウィークであった。

自身の登りはメインprojectのmove精度が大幅に増し、
いつもついでにやっているprojectも王手まで攻めれた。

乞うご期待。

依頼とシューズ

Apr.28
人工壁での仕事依頼。

昼過ぎに現場に着いて作業。どちらにせよ雨が降っており岩は登れないのでのんびりと過ごした。

20140429-192758.jpg
脚立を持ってくれば良かった。連れと一時間程度の作業。

その後、岩に忘れたシューズを取りに行く。
20140429-160952.jpg可哀想に…3回くらいしか履いてなかったのに。岩場初おろしで紛失するなんて。

まったりと過ごし帰還。
現在シューズ乾燥中。

最近、久留米のどっかぶりに対し異常なmotivetionがある。
意味不明な程のもので、岩に対してよりも高い。
オフシーズンのトレーニングに適した壁を作ったのだが、想定通り心地よい負荷で、黒テープが楽しくて仕方ない。
岩を上回るmotivetionはこれまで初めてで少し戸惑っている。というより、今日も少しやり過ぎた……。
登るだけで強くなれるとは思ってないので、少し考えねばならないが、とりあえずはmotivetionに従おう。
明日は久々の乾いた岩場。
緊張して寝れない…。

20140424-022705.jpg