「御伽と神話」カテゴリーアーカイブ

五角岩とティターニア

1.12 mon

開拓、場所はまたまたこないだの河原。
ようやくトライ出来るまでに乾いていた。
アップがてら少し離れた岩をやる。

まずはアプローチ整備、
とりあえずアクセス出来る最低限にやる予定が、開拓スイッチが入ってしまったため1時間ちかく整備。

image

その後、幾つか登る。
見た目より悪く、この時点で大幅にタイムオーバー。

image
治癒スライムv3 3級 faボブ

image
プリマ v8 二段

その後休憩にお湯を沸かしてカップラーメンを食べる。
落ち着いたところでメインの岩に取り掛かる。
下降路の確認とリップを掃除したところで、まさかの雨。
全く無警戒であった。

一回だけ離陸して終了。
どうやら悠長にラーメン食べていたらいけなかったようだ。

その後はダラダラと岩を探しながら、大移動して神話へ。
道路の濡れ方から、雨は降ったようだがなぜか岩は無事。

どれをやるか悩んだが時間もなかったので一番登れる可能性の高い、火群v9二段のある岩の右端をやることに。
核心のランジの一手以外はさらっとばれた。
ランジも一回だけ止まりかけたので繋げに入る。
何と言ってももう時間がない。

繋げるとさらに精度が落ちた。
イライラしながら回復を待つ。
するとまたしても雨が……。
一度だけ確認したトップアウト、実はマントルの際、濡れた右フットホールドで一回思い切り滑った。
ギリギリマントルを返すのが一瞬早かったので持ちこたえたが、さらに湿気るとどうなるか…。

最悪、降りるという判断をしなければと心に決めて、続ける。

そして何便目かは覚えていないが、核心が止まった。
image

思いの外そこから2,3手も苦しみ、落ちそうになりながら一生懸命こなすと、気付けばリップ。
先ほど滑ったフットホールドに右足を置く。
注意すればスリップはないと判断。

つっこむ。

無事に岩の上に立てた。

ティターニアv10(三段)とする。
日暮れまじかだったので、アプローチの途中の岩でへばりついていたボブを拾い、撤収。

再録 呑みと開拓

昨年の事は昨年中に済ませたかったが、
ホームページのトラブルで、
記事が消えたので記録用に要点のみ書き直す。

12/27 久留米店忘年会

image

image

image

image
3次会まで続き、組織としても密な話が出来たし、今後ネックになることや課題も話せ、何より楽しかった。

翌日、開拓。
其々が課題を整備し完成させた。

image

image

image

image
テラちゃん、たかdはリピートでも良いクライミング。
テラフレアv2やトシノセv3、シワスv2などが完成。
ジャガも粘り、笹v4を時間ギリギリで初登した。

私は、ターゲットが濡れていたため、整備に走ったが、
マットの空いた時間で、とりあえず火群v9を完成させた。

爽快感を求めて

先週の、前傾してひたすらハードなmoveの続く課題の登攀でストレスが溜まり、
次のストレス発散に選んだクライミングはスケールのある爽快な課題。

12/25
そんな課題を求めて山へ繰り出す。
久々の神話の森。

デカい岩に改めて興奮するが、
相変わらず、アプローチと岩は倒木や苔に覆われている。

仕方なくリップ掃除と浮石落とし、
ランディングの倒木や石の撤去、
作業満載でひたすら整備に励む。

image
2時間を費やした頃、
このままでは本末転倒だと気付き、整備のそんなに必要のない岩を探す。

そして選んだターゲットは、こいつ。
image
過去こいつと出会ったときは、登攀対象外のランディングだと思っていたが、
今見れば割と普通であった。

そしてよくよくホールドを観察すると、
面の一番美味しいところに良い具合に散らばっているではないか。

さらに、面最後のカチは非常に悪く、そこから届くであろう持ちの良いリップはいかにもココに跳んでくれと主張しているようだ。

面自体は整備の必要がなかったので開拓には珍しいリアルオンサイトのチャンス。
そして早速トライ。
6手の軽快な動作を決めてリップへのランジに入る、
予定が、後ろの80度の岩盤が怖すぎる。

ハイステップに切り替え、思い切り乗り込むが、動作中何mmか足りないことに気付き、
着地に備える。
第一関節の1/3程度掛かったが、安静を見てとめるのをやめていた。

着地、
成功。

際どいが大丈夫なことがわかった。

次の便で、ハイステップからのプッシュでリップを捉え完登。

image

非常に痺れるクライミングが出来た。

月桂冠v7とする。

当初の予定通り爽快感を得れたので、
満足して撤収。