雨上がりの富川渓谷

諫早出張の日、強い雨にやられた。
翌日最寄りの岩で登ろうと考えていたので少し落胆。

その日の朝、数日間降り続いた雨が止んだ。行くだけ行ってみる。

富川渓谷

諫早からわずか30分、なんて近いんだ。もちろん岩は濡れていた。せっかくなので散歩。面白そうな岩が良い感じに散らばっていた。


翌週

出張以来ずっと雨が降っていた。乾いていない気がしたものの少しでも触れることを期待し、仲間を連れ出発。

出鼻を挫かれた。

違和感を感じ高速に入る前にタイヤを確認するとパンクしていた。


結局、正午を大幅に過ぎた頃に到着。
日暮れまでそんなに時間はなかったものの、未知なる岩に触れるだけで楽しい。
現地にてローカルクライマーにラインを教えてもらった。

目的の岩は流石に濡れていた。1日雨が降らない程度で乾く雨量ではなかった。
濡れた岩を楽しむ。

目的のひとつだった竜骨の横のフェイスを。
岩の付け根(竜骨スタート付近)とカンテはぐっちょ、その間のフェイスパートにへばりつく。

短時間だったものの全ての動きは解決できたので、次こそは良い時に再訪したい。
また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください