打ち合わせ後、呑み後、岩(雨)

先日の岩場帰り、
少し休憩した後、開拓主メンバーでミーティング。

やりたい事、やらなければならない事が多すぎ纏まらず。
済し崩しで呑み。

翌日は定休日、ダラダラできるので焼酎を入れた。

翌る日、昼前から電話が鳴る。
相手は昨日一緒に呑んでたはずの仲間から。
車出すから岩に連れていけと言うもんで、仕方なく起きた。

むかうは水の宮殿。

予報は30%で夕方18:00より80%
勝手に大丈夫だと思い込んでいたが、大事な事を忘れていた。
同行者は究極の雨男……。

着くや否や雨、それも土砂降り。

そんな中自然に還ったアプローチを強行、ビシャビシャになった。
勿論登れるはずない。

車に戻ると雨がやんだ。
とりあえず仲間が先日発見した岩を見に行く事にした。
あわよくば登ろうと……。

目的地が近づくにつれ、窓に小粒の水滴が落ちる。
そして、着いた瞬間に雨、それも土砂降り。

仕方なくその場を後にした。
車に戻ると雨がやんだ。
比較的乾きの良い岩へ向う。

道中のアスファルトは何故か濡れていない。
これはもしや……。

岩場に着く、降ってこない。

ようやく登れる……。
全て登り尽くしてはいるものの、岩に触れるのが嬉しかった。
タックが岩に触れ、ラインをよむ。

その瞬間に雨、それも土砂降り。
慌てて車に戻ると、当たり前だがアスファルトはビシャビシャ。
本日のクライミングは諦めた。

一貫した1日をぶれない男と過ごした。
次は、はなから雨でも登れる岩を選ぼう。

via PressSync

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください