発見当初、ここいらの岩は杉と藪に覆われていた。
それもこの春から人の手が入り出し岩は一気に抜き出しに。

聞くところによるともう少し作業は続くようなので邪魔にならない夜に登る事に。

7月前半のこと、閉店後に岩登り。

手頃に登れる奴を選ぼうと思ったが、どうしても象徴的なでかい岩のカンテが気になり掃除開始。
流石にデカすぎるのでロープを使って泥を落とす。

夜の作業はやはり怖い。
ざっくりやったところで取り付く。
想像以上に面白く、良い一夜が過ごせた。

側面も随分昔に登った気がするが、面白そうだったので再度。

この周辺にはまともな岩がもうない、
それが残念だ。

雨上がりで湿気が酷く、グレードがよくわからない。

気温22度/湿度85%/雨上がり(岩は水分を含む)
ベスト
シューズ:BD シャドウ
チョーク:React+v3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください