joywallkurume のすべての投稿

2022年岩登り10選と総括

2月に入ってしまったのでバタバタと振り返り。

2022年
四季変わらず仕事の合間に岩を登った。

難しさではなく印象に残った素晴らしいラインを10選(季節順)


❶天上桟敷 /唐泊 1月初登

チームKHBCにより公開された2002年よりprojectになっていたライン。台座の上にあるハングの中央ライン。ランディングがやばく中間部のmoveを起こせば戻れない。上部は果たして?

❷Art of life v13(四段+) 2月初登

大豪雨によりエリア完全崩壊から。存在した全ての岩がなくなってしまったけど、ほんの少しだけ巨石が出現した。そのラスボス。

❸メデューサ 2月初登

美しい水と渓谷、磨かれた甌穴に一筋のクラック。まさか身近にこんな完璧なクラックがあったとは。。。

❹ドン・コルレオーネ/傾川 2月初登

地元クライマーにより開拓が進む傾川。案内を受けエリアを回っているうちに出逢い一目惚れしたライン。2023年1月に完成体が登れ、より素晴らしいラインに。

❺Pandora 4月初登

3m程の高さにあるルーフ。とても格好良いのだけど…かつては背中落ちが怖くて攻めきれなかった。満を持して今。

❻閻魔堂 6月初登

川を覗くも石ころはない。ふと足元を、そもそも今立っているこの岩盤こそハング。ランディングは浅瀬、底はゴロゴロと石。魅力的なラインは決して落下を許されない。

❼ポータラカ v12(四段) 9月初登

普通に良い岩、良いライン。

❽ペンタプリズム v13(四段+) 10月初登

西のbig project。ブランクセクションをランジで解決できた時はテンションが上がった。核心はその上だとも知らずに。岩の美しさ、ラインとムーブの格好良さ、難しさ、構成、何をとっても一級品。

❾FAR/鶴見岳絶望岩 10月初登

20年来ずっと登りたかったライン、ずっとトライをしなかったライン。登れてしまった、登ってしまった。良かったのだけど、登ってよかったんだろうか。

➓君子無朋 v13(四段+) 11月初登

3年間暇な時にダラダラやっていたハードムーブ。春、その一手が止まった。それでも登りきれず、後半三段ほどの4手で落とされ続けた。秋に初登。ペンタプリズムしかり今季は難しい一手に向き合った。

岩登り日数 81日
初登本数 137本
v10以上 38本
v12以上 11本
v13-v14 4本
段数 173

例年以上に良い岩が登れた2022年、紹介してくれた縁や人に感謝。
また初登本数は例年の半分ほどだけどそれ以外は、(初登以外も含めると)高い難易度の岩を多く登ることができた。

ぺ講座「セルフチェック」

星板に課題追加!!!
この壁ということは、、、

そう、トレーニング用です。

現在、ジムでv1(5級)〜v6(1級)をやっている方
岩でv1(5級)〜v8/9(二段)に取り組んでいる方

登りたい対象がある方、目標がある方、伸び悩んでいる方、故障に悩んでいる方、振り返りにぜひ


今回のテーマは「セルフチェック」

上達するためにメニューを組む。
メニューを組む際大切なことのひとつ、

「自己分析」

自分の登りを考える。
ここから解説に入るので、まずその前に星板オレンジホールドと紫ホールドをトライしてみましょ!動画を撮っておくと後で振り返りやすいと思います。

 

自己分析① 重心軌跡の癖

次のホールドを狙うとき、身の置き方に癖がないか。

重心的観点から
直線で動いているか、
円で動いているか
状況により使い分けているか。

その把握。
どちらも長所短所あり、そのバランスはコントロールしたい。
詳しくは最後の動画参照。

自己分析②運動軌跡の癖

身体の使い方、特に体幹部は積み重ねてきた登りや運動歴に依存する。
優先的に使っている筋力は?今回は止めの局面の例。

自分の良いところ、改善したいところを把握。

自己分析から考える

自己分析できたところで、今後の計画。
トレーニングが短期間の場合、オリジナリティの幅を広げることで今できないことを補完するorオリジナリティ以外の部分を補助的にトレーニングする
トレーニングが長期間の場合、一旦リセットし、心技体0から作り直す。など。


自分がどうなっているか判断が難しい場合、暇そうな店主を捕まえて談話でも!!!

単純に身体強化だけなら簡単だけど、クライミングは複雑。
昔友人のトレーナーが『良い姿勢とはその人、その状況における戦略だ』と言っていました。
何を積み重ねていくか、何を積み重ねていきたいか。

今を地点0として、
良き積み重ねができますよう!

 

 

ぴよかり(バザー)出品紹介❶

来月のイベント【ぴよかり】バザー!!!

出品集まってきましたので紹介させてもらいます!!!

トレーニングウォール、ボルダリングマットから新品同様のクライミングシューズなど…
バラエティ豊富🐥🐥🐥

 

すでに希望の品がある方は店頭にてお知らせくださいませ🔥イベント初日20:00に抽選したいと思います。

そしてまだまだ出品お待ちしてます!!!

では、いざ紹介。

くる年へ繋ぐ12月

2022年は、思うよう良い岩が登れた。
気持ちにも余裕が出来たので12月は衝動に流されず難しい岩に絞ろうと決めた。

狙うは3本。

1.   ヒスイのルーフ(通称LEBproject)
2.    VV3.0project
3.    ゾウネルラproject

普段であればその時格好良いと思う岩を、その瞬間最大熱量で狙う。
その衝動的熱量を捨て限界値を。3本。

 


最初に狙いを定めたのは

3.ゾウネルラp (よだかの岩)

市蔵のスタートからカンパネルラにつなげるライン、ゾウネルラ。実は初秋にmoveを発見していた。

12月8日 スタンドで初登

新たなシーケンスの発見で当初よりやさしくなってしまったものの、「ここが通せたら凄いラインの可能性が広がるな」なんて感じていたブランクセクションの突破に成功。

となると後はルーフの付け根から繋げるだけだ。
なんて簡単に書いたが下部はv10。果たして繋がるのか。

ゾウネルラlow start project

12月半ば、雨上がりでの挑戦にも関わらずラスト一手までは攻めることができた。
このまま通い勝負をかけようかと思った。

 


その矢先、仲間から春にヒスイを公開したいと相談を受けた。
となると1月中にヒスイのprojectは登っておきたい。ゾウネルラlowは春でもできる。仲間の気持ちを汲み、ヒスイのルーフを優先することにした。

 


1、ヒスイのルーフ

果てしないルーフ。
二日ほど通い全ての動きが解析できた、同時に自動化も進む。ルーフの奥行きが身近なものとなった。

となると早めに勝負をかけたい。そんな気持ちと裏腹に雪が。山が白く覆われる。雪解けルーフは染み出し年内の完成は絶望的となった。
それでも通う。できるパートの自動化をはかる、来たる瞬間をより早く迎えるために。

湿気た山で終えた2022年の岩登り。
岩の上に立つことは叶わなかったけど、
ゆく年に悔いなく、くる年を期待を。

2023年1月へ。

 

動画 よだか開拓記10【ゾウネルラ】

2月の変則営業案内と「ぴよカリ」出品募集

1月も残りわずか…
旬なうちに課題ご賞味どぞ!

2月7日(火)スタートのバザー『ぴよカリ』
出品すでに出揃ってきました🐥
告知しますのでお早めにお持ちくださいませ!!!

 

また集まったものは記事にしたいと思いますが、インスタストーリーにていち早くアップしております。

※ちなみに今集まっているもので購入希望者が複数人いた場合、イベント各日20:00に抽選いたします。


 

ということで本題、
2月の変則営業日の案内です。

(その前に1/29日はセルフ営業となります。ご予約は3日前までにお願いします)

2/14(火) 17:00 オープン
2/23(木)〜26(日) セルフ営業(会員予約制)

他は平常通り皆様のご来店お待ちしております!!!