「RockPath」カテゴリーアーカイブ

瀬戸甌穴二日目

瀬戸甌穴、そして閻魔堂の話にくいついてきたタック。
休みがあったので一緒に行くことに。

6月9日 瀬戸甌穴 二日目

そもそも私は夏に来ようと思っていた。
案の定川の水はまだ冷たい。。。

私は閻魔堂のハングの左の綺麗なバルジを。
タックはハング切れ目のフェイスを。

タックはすぐに初登
「ワタアメ」

緊張はしたと話すがどうも少し物足りないみたい。

私のほうは全然駄目。

出だしが完全にブランク。
真上には掛かりの良いホールドが見えるので離陸さえできれば何とかなりそうなのだが…
2時間かけても良い案が出ず。

綺麗なラインを前に、なかなか諦めをつけることが出来ず。

ーーーーー

昼過ぎに閻魔堂の左のラインに切り替えた。

タックも長い時間、岩の上で葛藤。
「閻魔堂、やれるのか?」

緊張感が伝わってきたが、しばらくしてどうやらやると決めたようだ。

上部で落ちる分には水深あるので大丈夫そうだが、下部は岩盤が少し怖い。そこで倒木を投げ込んでマット一枚敷けるスペースを確保した。

果たしてこの下地が衝撃に耐えれるかどうか?
それでも気持ちは随分と変わる。
私もその恩恵を受け、左のラインを登った。

「カルマキョウ 5.12b/c」

その後、タックも「閻魔堂」を登る。

渾身の登りを見た。
時折見せる心の篭った登りは私も刺激を受ける。
何にせよ落ちなくて良かった…。


二人でしばらく岩の上で佇み帰り支度。
私は少し不完全燃焼。

バルジ、もったいないな。。。下部を右から巻いて上部だけやろうか。。。

セト甌穴「閻魔堂」

ある春の日、ふと見つけた岩壁。
度々通っていたが川岸に在るためずっと気付かずにいた。

全容を見たかったが陸からは見えず。
対岸に渡るか真下にまわり込む必要があり、この日は諦める。

暑い日にやろうと決め道に戻る。


ーーーー

6月2日

季節は進みprojectも進展がなくなった。

昼過ぎ、山奥はまだ寒く気合を入れて川の中へ。

壁際を進むと、ちょうど真下に畳2枚分ほどのスペースが。シューズを履くのに丁度良い。薄々気付いていたがやはりその壁は圧倒的、予想を凌駕する強傾斜。

全く登れるイメージが湧かない。


ーーーー

とりあえずリップから隈無くラインを探る。
良いイメージは湧かない、随分と長い時間佇んだ。

 

ーーーーー

一番端の凹角を登った。

セトレイバック 5.10b

登った直後は充実感に満たされるも、すぐに強度的物足りなさも感じだし、再び川へ。

壁を見上げる。
やっぱり中央が格好良い。

ーーーーー

最上部にガバはあるが距離がやばい。
中間部はブランクかもしれない。
ホールドに見えるシワはホールドなのか?

下部に関してはロープで下がったとて傾斜が強すぎ確認できないだろう。
着地できる気もしないのでクライムダウンできる範囲で探ることに。

シューズを履きいざ。

3手ほど進みクライムダウン。
ホールドかどうか怪しかったシワは全てホールドできた。

4手目以降はダイナミックになるので
やるならやらねばと。

久々に随分と長い時間悩んだ。

 

閻魔堂 初登

登れて終えば極めて良いライン。
壁のど真ん中、moveもかなり良い。
周囲の高圧的空間を含め素晴らしい課題だと思う。

 

流石にやりきった。まだ壁は左に広がるが、夏に残し撤収を決めた。

三ノ岳 落伍者v12

緑美しい森の中に在る岩。
まばらに存在しているあたり、むしろ美しい。

5月19日


象徴的なハングの中央をユーキさんが登った。案内いただいた身ながら私もその奥の薄暗いマニアックなラインを初登。


Lose yourself v10

その後でハング入口付け根から奥に向かうバリエーションをやる。

moveが出来たところでキーホールドが欠損、そんなことを数度繰り返す。
ホールドも安定しだしたところでラストトライ。

そしてまさかのキーホールド欠損、時間切れ。

5月23日

一仕事終えた夕方、再訪。

動きがイマイチしっくりこず…
諦めて強引に行くことを決めた。

そして繋げトライ。思ったよりもしっくりときて登ることができた。


落伍者 v12

繊細ながら強度もあり中々良い。岩質だけは何とも。

日も暮れ始めコンディションが良くなる。締めに手前の丸い岩を。

終始moveがマニアック。動きが身体を壊しにかかってくる。さらにはランディングが岩盤斜面。後半、想定外の動きになったが落ちたくない一心でねじ伏せた。

クランキーポップ v10

流石に疲れ果てた。

今回登った課題に関して、
コンディション悪く、他に良いmoveがあるかもしれないので再登者の体感によってグレードは流動させたい。

 

最初の谷の巨石

由布岳西口
美しい高原の脇のコンクリート道路を15分ほど登れば岩が見える。
最初の谷のボルダー群。

細かい岩は高校卒業間際に粗方登った。昨年秋にはいくつかの巨石に取り付く。

5月16日
帰省の合間に立ち寄る。

最初の谷のシンボルとなる巨石、その中央の一番高いラインをやる。前回は上部の脆さと植生にビビり敗退。今回は掃除道具を持ってきた。

ざっと掃除し、いざ。


ビビりから中々moveを決めきれずにいたが意を決す。そして突破しトップアウト。

「Noir 」
グレードはつけないが極めて良いライン。上部は選択を誤るとかなり脆いのでホールドを破壊せぬように登ってほしい。

裏面のハング。

スッキリとしすぎた面にうっすらとホールドの在る右側。
前回サクッとできた下部が悪い。ヒナタとのセッションでテンション高めだったせいか?今回はまずリップ掃除。その後下部で苦戦したもののコツを掴んだところで完登。

「矜持 v10」

ガチャついて保持しにくく薄いカチからダイナミックに動く。


最後に、左へのトラバースを。
手数は多く保持もそこそこ悪いが、難しいmoveはなくむしろこちらが弱点になるだろう。

「魔女の月 v9」

高原の狭間を吹き抜ける風が冷たく気持ち良かった。

ーーーーーー


projectやこれ以外のラインを登った際はご一報くださいませ。また小さな石も学生時代粗方登ったけれど、何か登れば是非とも共有したいので教えてもらえたら幸いです。

PANDORA

2014年のとある日
天井高相当に広がるルーフ、背中から落ちる恐怖に勝てずそっと敗退した。

圧倒的な格好良さを前に太刀打ち出来ない歯痒さもあり、記憶の奥底に仕舞い込み再び見上げることはなかった。

 

2022年4月28日

春先にmoveが出来たprojectは濡れていた。ここ数日雨は降っていなかった。
山は湿気を帯びている。もうそういう時期なんだろう。

ハードなトライは諦め、再びあのルーフを見上げることにした。

炎天下の藪漕ぎ。

藪を抜けるといきなり現れた巨大なルーフ。相変わらず格好良い、改めて見てみても記憶通りの威圧感。最高だ。今なら怯まず対峙出来る。

少し休憩したところで着手。思えば脆い岩にも慣れた。今なら可能性は満ちたりている。
落下姿勢を慣らす意味で左カンテをまず登る。


「匣の世界」
v9程度だろうか。

 

さて、本題はルーフ中央。

すでに満足はし、中央はこのまま取って置きたくともあった。
休憩のち結局やる。

真っ向勝負の気持ち良いmove。想像通りしっかりとした強度。がっつり中央の弱点。最高の時間だった。


Pandora v10(三段)

かつて超えられない壁を感じそっと蓋をしたもの、いつのまにか壁は消えていた。いつのまにかでも成長はするんだと。余韻に浸った後、少し早めの撤収を決めた。