「RockPath」カテゴリーアーカイブ

アレフガルド

丘の上の壁まで歩いたり、山を越え谷を越えその先の沢の石で遊んだり、
それこそいろんな岩に出会った山。

まさか車停めて5分の位置に、こんなにも岩が転がっていたなんて。過去見ていたかもしれないし登ったかもしれない。けれど全く記憶にないので零からやる。


3月4日

入口の岩をみんなで。
はじまりの一本

[ アレフガルド 二段 ]

シャイニング

4本のprojectより難しいと思われたライン。

「REDRUM裏project」

4本のprojectに通う合間に少しずつ身体を馴染ませていた。4本全て登れたのは春の終わり。REDRUM裏をやるには遅い気もしたが、本格的に着手。


REDRUM同様たるいピンチが連続する。ただフックやジャムで負荷は殺せる、その分デリケートで勝負が長い。上がる気温にはたしてどうかと思ったが、身体がフレッシュだと感触も良く、初日に全て解決した。

「思ったよりも勝負になるのでは?」と感じ始めた。


4月後半は予定が詰まっていたので、前半に勝負をしかけたかった。予報を見ると雨雲が悉く休日にかかっている。

日曜の店番後、雨が降る前に狙う。

[ shining 三〜四段 ]

今季のF通いでは最難かと思われたが、
一手の強度は「redrum」の方が高く、繊細さで言えば「光の涯」の方が緊張するシーケンスが続く。


雨が降り出すまで少し時間があったので丘の上まで移動し、一本登り撤収を決めた。マダニが出だしたので今季のF通いはこれで終了。

博多MONO出張セット!

mono(博多店)のて出張セット!
7年ぶりとかでしょうか!?

当時はまっったく見向きもしていなかったホールドが今は違って見えて…
あえてそういうものをチョイス。
福岡地区ではきっと新鮮に感じるテイストもあるはず。

全23課題、2人でしっかり試登相談して固めました!


知人のロッククライマーも通うジム、
ということで、
ひとつ言えるのは”エッジングシューズ”があれば便利かも。
楽しんでもらえたら幸いです!!!

親王 (浮羽ロック)

思い立ったたらすぐにいける岩場がある。
40分後には岩の前に居れる。


3月初旬

岩に行けない休日が続いたある平日、
14時の店番前に浮羽ロックへ。

雛壇の最上段にある岩を見上げる。
色々と時間がかかりそうでずっと後回しにしていた。


前日の雨でフットホールドは全滅。ホールドも苔を落としたばかりでしっとり。少しでも乾いてからとやろうと、13時のタイムリミットギリギリまで待ってトライ。

パワフルなハングの先、永遠バランシーなレイバックでカンテを抜ける。

終始息の詰まる内容、
雛壇岩の最上部に相応しい内容だった。

親王 二段

ある午前中のひととき。
身近なエリアを表にだしてくれた開拓チームに感謝。


街からそんなに遠くない位置にある自然豊かな細い川。
ビッグエリアとはいかないが、有名エリアの好課題に匹敵する素敵な課題も多数。
昼にまったり岩で遊んで、夕方からコーヒー合間にjoyトレなんてどうでしょ?

平日の店番前なら私も行きたいのでお声かけを!

 

百年の夜明け 再び

昭和二十八年 水底に沈んだ筑後軌道と巨石。


2017年 筑後川大水害で64年ぶりに現れた水底と巨石。
その3ヶ月を逃さす成したパーフェクトライン

「百年の夜明け」

もう生きている間に拝めないと思っていたけれど、昨年末から始まった治水ダム管理棟老朽化工事の影響で再び現れた。

この機を逃すまいと、TAKが取り組みはじめた。
再び沈むまでの期限は3ヶ月。

上部核心であるうえ巨石特有のプレッシャー。
こういうものはホールドを確認してしまっては台無しになる。

迫り来る期限というプレッシャーに打ち勝ち、TAKは下からトライし続けた。
(※初登の私は、横の岩からデッドしホールドを確認している)


2024年2月末
水底に沈む期日まで残り2日のこと、TAKは見事登りきった。

再び沈んだ巨石だけど、
関係者に聞くと今年度中もう一度チャンスがありそうだ。

またその時まで、おやすみ。


ー アウローラにて ー #石と風土 ❾

百年の夜明けに挑む友の敗退を見届けた初日の正午、
車を停めさせてもらった喫茶店で優雅なひとときを。

喫茶店のテラスから見える史跡「筑後軌道」。
実は2017年に64年ぶりに現れたということでひっそりと話題になった