「河川公園 2014」カテゴリーアーカイブ

河原のエリアで現在工事中につき注意が必要。私有地は立ち入り禁止。

クララが陸に?

2014年公開の河川公園。
メインとなる課題は、

水面脇にある楽しげなcrocus
我が熱意を最大限に注いだウラノメトリア
ルーフを豪快に越えるスコーピオ

翌年、全てが死んだ。

Crocusは落ちたら川ぽちゃが楽しいのに浅瀬へ。
ウラノメトリアは逆に激流上に
スコーピオも同じく川の中…

8月上旬のこと、
ウラノメトリアが陸に上がっていると
川遊びに行った仲間が教えてくれた。

8月24日、
ようやく自由な時間が出来たので意気揚々と向かう。

現地に着く。
……

……
おい!タックよ。。。

この日は広島ユースのケンジを連れてきたので私はまったり過ごす事に。

ケンジにはあえて易しい課題の中でタメになりそうなものをチョイス。
シェリー v2

魔界 v4

浅瀬を少し埋める。

後半では落ちたくないcrocus v3

昼は何やらケンジが準備してくれていたので、私はお湯を沸かす。

ついでに珈琲も。

終日暑かったが、それなりに充実した1日だった。
気温とcrocus ls v7

お疲れさまでした♪

(河川公園の課題の今)
ウラノメトリアの岩、ほぼ全滅。
クロックスの岩、裏面の低い課題は登れるがメインはランディングが狭い、もしくは無い。
スコーピオの岩、水没。脇の易しい課題は濡れずに可能。

岩を登る。

7/24
末期症状が出る前に、無理やり時間を作って岩へ。
今月2回しか行っていない、しかもその一回は御岳の2時間。
もう一回は途中で雨。

向かうは近場の涼しげな川。

2016年、骨折直後に登ったドレッドノート

見返すとかなりこじつけてリンクし難しくしたラインに思えた。
これが一番最初にできてしまった以上、他のラインもなんとなくおかしくなってしまう。
仲間に申し訳ないことをした。
グレードに関してはそこまでのズレは感じなかった。


九州には珍しい1本指ポケット、クロッカストラバースv8

一通り登った後で夕立ち。
僅か30分ほどしか登れなかったが、岩に触れて少し回復した。

その後、かつて登った通りゃんせv8を探しに山に入ったが見つからず。
1時間ほどさまよい、違う岩を見つけて終了。
通りゃんせはどこに行ったんだ?

初登り

2016.1.1
骨折26日目
ポの見つけていたエリアを歩く。
どの岩も写真で見るよりランディングが悪く、しかも難易度がありそう。

1時間ほど歩いたが今回は諦めることにした。
image

しかし久々に長い時間歩いた、
少し辛かったがとりあえずは動けるようになった。

その後、大移動。
水上にあったcroa’Asが陸地に現れていたのでやってみることに。

隣の岩の上からスタートしていたが、今の状態だと一つmoveが増える。とはいえ難易度は変わらないだろう。

下部をとっととバラし、迷ったが繋げる事にした。

今の状態では
着地=足の悪化を意味する。

少しピリッとしたが無事登ることが出来た。

image

とりあえず、今年も順調にクライミングを楽しめそうだ。

ウラノメトリア消滅

リピートを含め登った課題の中で最も難しいものの一つ、ウラノメトリアの消滅。

それは工事が始まった今年4月から分かっていた。

ただ一応間近で確認しておくことに。

image

12/28 骨折22日目
工事も終わり、水も引いているのだろう。

にも関わらず、その岩は沈んでいた。
骨折した足で辿り着くにはそこそこ疲れた。
岩の前で休む。

なんとなくぼっとしてたら、この岩に費やした数年の記憶が順番に思い出された。

過去に書いたが発見した時は、同じように水の上にあった。どちらにせよ当時歯が立つ産物ではなかったので気にもしなかったが。

2012年、あの水害で陸が現れ、その時改めて見てみると、ラインになっていることに気付く。そして通いつめてホシノクララv13が完成。
完成を待ったかのように、後の災害で今度は埋まる。この時まだ完全体は登れていなかった。

image

2014年、多少能力が上がった頃に再び訪れると、また都合よくトライ出来る環境がそこにはあった。
近いことをいい事に通った、ここまで通い詰めたのは後にも先にもなく、こいつだけであった。
先にウラノメトリアが完成し、その後スーパークララが出来る、これで終結だ。

2015年に入り、災害の復旧工事が始まる。工事は知人の知人が関わっており、何となく状況は知っていた。

そして案の定大きく変わったその地は、例外なく岩も変化した。
叩き壊された岩、下地が水になった岩、逆に下地が出来た岩。
消滅した課題は残念だが仕方ない。
新しく引けそうな可能性はというと…
下地がいい悪いに関わらず片っ端から登っていたので特になかった。

ウラノメトリアとスーパークララは…
残念な事に下地は一部埋まり一部は川となった。

ただ、ホールドを観察したところ、ほぼ変化はないように見えた。重機も入っているので、傾斜がもしかしたら変わっているかもしれないが……。

随分長い時間、岩の前で休憩をした。
感じたのは、岩自体が存在してくれてよかったということ。

ここにある限りは、
また誰かが想いをよせる時、
きっと陸の上に現れることだろう。

私は奇跡的なタイミングで登れた。
きっとクライミングはそんなものだし、
再登者が出る時も似た感じになると思う。
この想いを共有出来るという事が嬉しい。

岩登りというものは本来そんなものだ。

岩登り…
自然のままを受け入れる。

話は逸れるが
初登があり、道となった岩を人為的に加工してしまえば、その道は途切れる。
今後その道で起きる予定の奇跡も途絶える。

強烈な努力を重ねた上で条件が整って起る奇跡…
自己都合で変化させられるようなものに奇跡は起きない。

強烈な努力を要す…
少なともウラノメトリアはその次元の一本だと自信を持って言える。

その次元の課題…先日久留米にて講習して頂いた室井氏の道筋が幾つか殺された。

そこにあり続けたら、初登者と同じ想いを共有出来たかもしれなかったのに、それはもう別の廃棄物となった。

それが私はとても悲しい。

話を戻す。

骨折した足を庇い、簡単なものをいくつか登る。
片足でもある程度は登れるが、不意落ちした時に左から着くと致命的なので、絶対に落ちない動きか、右足からちゃんと落ちれる動きを選択せねばならず、課題を選ぶのに難航した。
まぁとりあえずクライミングは出来だしたので良い。慎重過ぎかもしれないが、悪化だけはさせたくないので仕方がない。