…瀬戸際の勝負であった。
ここまで追い込まれた中での完登はいつぶりであろうか。
最近の勝負は、苦しい程に追い込まれた時、堪えきれず落ちていた。
勝機を逃したトライの後、日を改めフレッシュな状態での完登、それが当たり前となっていた。

思い返せば、
この感覚、この疲労感は18歳の頃の沖縄のPMA 5.13a/b完登時以来、無かった。
…そう、あの時は核心最後のガバをつかんだ時点でパンプアウトしており、その後の5.11程度のセクションが非常につらく、5m程度のランナウトしてる中、カチで次のクリップをする余裕すらなく、ひたすら終了点の大ガバを目指した。
普段なら何ともないセクションがどれほど長く感じたことか……
ガバに手を出す時、一瞬でどれだけ強く
とまってくれ と願った事か。

image

May.7
天気は晴れ。最高気温は26度の予報。今シーズン最後のトライを覚悟していた。
10時に岩場に着く。コンディションは良い。
ただ、日差しが強い…気温が上がるのは明らかで、早めに決着をつけたかった。
さらに言えば、まだ一昨日ダメージを受けた指皮が回復しきっておらず最初の数便が勝負だと考えていた。
そう、一昨日ですでに4日、この日で5日やっていることになる。

アップで籠絡(ロウラク)。今やっているprojectは籠絡の延長版。
左からトラバースし、最後にぽが初登した籠絡v7に繋げる。

正直あまり感触は良くなかった。
疲労が残っている。
ただ、アップ後の一便目の感触が非常に良く、気持ちを持ち治せた。

image

2便目、前半は完璧、二つ目に核心足ブラの前に汗ばむ左手を一回はたくことに成功、
次のフットジャムを決めるのに少し余裕が出来た。
時間をかけて決めたフットジャムのお陰で、最大の核心である籠絡のスタートでの右手と左手の入れ替えが完璧に決まった。
勝機を感じた。

一番嫌だった籠絡の2手目、初めてとまった。

そこまで行けばそのままねじ伏せれる、
少なくともその次の手を出すまでは、そんな思い込みを疑いもしなかった。

籠絡の中間部、普段なら休めるポイントに来て、初めて疲労を自覚した。
片手を離す余裕がない…

油断していたので自動化も甘い。
思い返せは朝一やったアップで嫌な感触を覚えたのも籠絡の中間部であった。

そこからはひたすら落ちないでくれと願いながら、一手一手際どいmoveを重ねた。

左手で最後のリップを狙う時、右手はもう完全にワークアウトしていた。
落ちると思いながら出した左手は、起動修正し、右手の僅か下の棚に何故か収まっていた。
少し身体が安定した。
…これは初登者が使ったmoveだなと、こんな余裕がない時に何故か思い出す。

右手の力は残っていないが、リップはただ左手を伸ばせば届く位置に来ていた。

image

落ちないでくれ。

そう願って出した一手は、予定通り止まっていた。
足はきれたが耐えた。
マントルまでくれば、疲労は関係なくなる。

リップの上に立った。

瞬間的に喜びがこみ上げてきたのはいつぶりだろう…
この感覚はいつ以来であろうか…

興奮したままに仲間の元に戻り、休む。

出し切ったようで、すぐに吐き気に襲われた。

〜課題名は籠絡(ロウラク)のエクステンションなので
愛しのローラ とする。
グレードはv12。苦しみは過去最上級だが、気温と20手という手数(今の私の貧弱な持久力)を考えればやや甘いくらいかもしれない。

1時間休んだ後、
終わり際に毎回手をつけていた道筋も完成させ、MammaMia v10とした。
クオリティはMammaMiaの方が良い。

その後も5本程度課題を作成し撤退。
今シーズン最後のプッシュとなった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です