橙色の世界の中で、2人長らく話し込んだ。
何を話したかはもう覚えていない。

遠い日の記憶。
だだっ広いアステラスの駐車場を包む橙色の光は、今尚鮮明に残っている。


最奥projectと発見者の話は今回は略そうと思う。(書き出すと悲しくなるので)

10月15日
登れるという確信はあったものの、move確認のトライでマット位置にヘマを犯してしまい前腕を強打。実質僅か2便で挑戦を終わることとなる。

10月18日
無事に登りきった。登れることはわかっていた。いつも感じる安堵感や達成感はほぼない、理由ははっきりしている。

過去の自分、
「この岩は不可能すね」と一言で返したあとの野下さんの残念そうな表情…
それを感じ取れていたなら、もう一度見上げて見ればよかったじゃないか。

あの時の期待に向き合わないといけないのは、やはりあの時だけだったのだ…。
刺さったものは結局抜けぬまま。


joywallがまだプライベートウォールだった頃、この岩の発見者であり開拓者、故野下善秋氏
もたまに遊びに来てくれていた。

そして氏と話し込む場所は、何故か決まって近くの温泉施設あすてらすの駐車場。岩の話や開拓の話し、今後の目論見などを話してくれた…。

名を「Usterrace(明日照ラス) V12/四段」とする。

夕方、通り雨が過ぎたあと美しい夕日を見た。
とても美しかったけれど、あの日見た橙色の空はもっと力強かった。

乾いた夕陽が見たい。
野下さんと話したい。

動画
Youtube

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください