ずっと登りたい岩があった、しかも珍しく誰かに登られている岩で。
四国に行こうと思ったきっかけとなった岩…。

そんな話はまた。

11月18日(日) joyを少し早く閉めさせてもらった。

深夜にフェリーを使い四国入り。

栗崎の爆走により、真夜中に仁淀周辺着。
予定では広場にマットでも敷いて仮眠するつもりだったが…まさかの雨。

仕方なく車で朝を待つことに。

そして7時、待ちに待った太陽が!
現れない!!
雨、、、

晴れないんだけど。

とはいえやる事もないし小降りになったのでエリアに向かう。今回は初仁淀、オススメされていたフューチャーエリアに行くことに。車から降りると、身体はバキバキ。栗崎に至っては一睡もできなかったらしい。あーあ。。

エリアについても雨は止まない。

多少気になっていたロマンチック野郎の敗退を決めた。
そもそも取り付きのジャンプがやばそうだ。


恐るべし初登者の想像力。
このラインを成立させることが出来るなら、うちらのエリアもいろんなものが出来そう。帰って見直すことを決めた。

10:00 雨に影響なさそうなライン 「stoicism 三段」をやる事に。
地ジャンではじまる気持ち良いライン!


一手目が乾いている事が確認できたので決めにかかる。濡れたリップがかなりやばかったが、何とか登れた。

次!
「low start 4段」をやる事に。顕著なアンダーからはじまり明瞭に続いた細かいホールドを頼りにさらに顕著なクラック、ようはstoicismのスタートに繋げるライン。

この2本は確かに同じ線状にあるが、どちらも特徴的でバリエーション感はなく気持ちいい。下部パート、最初にやったmoveがいきなりはまりstoicsmまで繋げることができた。

気も乗ってきたので繋げに入る。

1便目、
核心2つがすっきり決まりこのまま登りきりたかったが、欲が出て濡れたリップに心積もり甘く突っ込んでしまった。
リップ初手で弱気になってしまい、適当に出して落ちる。

あーあ、繋げ1便目で良いとこまで行って落ちると大体ハマるんだ…と、内心凹む。
案の定、その後しばらく下部突破出来ず。

どうせリップもビチャビチャなので、30分程度フラフラする。丁度その頃、別組みのクライマーがエリア入りしたので絡む。聞くと定期的に仕事の依頼頂いている福山のジム(ココペリ)の常連さんらしい。縁って面白い。

12時あたり、乾いた頃だろうと再開。

Stoicismの一手目のガスの入りが悪かったがうまく現場処理できリップへ。
すると…さっきよりコンディション悪い!!!
これが染み出しというやつか、何て思ったりもしたがもう落ちたくない。

幸いガバまで掴んでいたのであとは何とかなる。
濡れたリップにスメアしたくないので、膝を使う。こんな時はゴムより生地の方が効く。
(たまたまだがguのデニムクライミングパンツはフリクションがある。)

何とか登りきることが出来た。


午後からは栗崎のトライを見たりココペリクライマーと絡みながら、乾いてそうな岩を片っ端から登った。

でかい岩の目立つエリアではあるが、小さい岩も結構面白かった。
ロケーションも良いし、のんびり一日みんなと過ごすには最高のエリアだと思う。

栗崎も落ち着いたところで移動。少し登り足りなかったので沈下橋エリアへ。

風情もありつつどことなく寂しげな谷…。
橋から見渡すと下流の良さげなフェイスに目が行く。

案の定、中々良いフェイスであった。
苔のついたホールディングに馴染まず少しハマったが、何とか登れた。

途中の中州で昼寝していた仲間を起こし、仁淀を後にした。


夜は全てお任せだったので、ついていくがままに。
高知の夜を満喫出来たと思う、感謝。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください