四国3「冒涜の虹と松風、やらず」

11月20日
百と八つの流れ星の岩を後にし、大山岬へ。

ここには当初の目的の一つ、「冒涜の虹」が存在する。
見上げたそいつは…
相当格好良くも、登りにくく見えた。

「百と八つの流れ星」など明らかな弱点をついたラインは、その弱点こそが威圧感を放つがこの課題は真逆のタイプ。その場に行ってみないとホールドやmoveが想像しにくい。想像しにくければしにくい程、恐怖心が増す。

見上げるうちにチョーク跡が目につく。大体のホールドとmoveを想像した。
(ちなみに、こういうラインは初登時苦戦する。私は。)

栗崎はどっかに行っったきり帰ってこない。
とりあえず登り出すことに。

仲間がいる日に一人で突っ込む必要もないので、下部が悪そうな「一閃 三段」を冷やかす。

いきなりmoveが出来た、けれどそのまま突っ込むという選択肢はなかった。一旦降りる。
丁度栗崎が帰ってきたのでマットをかり、その上部パートとなる「crazy for you 初段」からやることに。

まず出だしの地ジャンが怖い…。

さらには上部、全くホールドがわからず…恐ろしくなって左にエスケープし飛び降りる。

本当クレイジーなラインだこれは…。意を決して次の便で登ったが、一閃でまた突っ込まねばならないことを考えると気が滅入る。

気分転換を兼ね散歩することにした、その間に栗崎は「冒涜の虹」を。

〜しばらくして、栗崎のトライも落ち着いたところでいざトライ!
久々にスポットとマット移動を頼んだ。

流石に一度登っていると気の持ち方も変わる。
「一閃 三段」

にせよ怖かった。
これで完全に気持ちがきれた。この精神状態で「冒涜の虹」はありえない。

本来の目的の一つ、「冒涜の虹」の敗退を決めた。
帰り際、散歩中どうしても気になった岩屋で遊ぶ。

不思議なロケーションでのクライミング、実に新鮮で想像通り楽しかった。
大山岬終了!

すでに良い時間になっていた。

最後の目的、「松風」のある春野へ。
実は1ヶ月前(10月5日)のこと、この岩の前に虎ロープが張られている写真がsnsに出回った。今はローカルクライマーが詳細を確認しているようで一旦の自粛要請。私もそれに従う。
(ありがたい限りで……)

残念だが、こればかりは仕方ない。記念に見るだけでもと登らなくとウキウキしながら春野へ。
…すると、まさかの渋滞。。。

栗崎は言う、「これフェリー間に合わないすね」と。
私は返す、「まぁ冒涜の虹もあるしまたくりゃいいな。」と。

結果、栗崎の爆走により一本早いフェリーで帰ることが出来た。

。。。おい、春野よれたやん。

旅を終えた。
全てに感謝、四国地元クライマーに超感謝。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください