5月23日 栗崎と。

ハードなラインをやるには流石に暑いかとも思ったが、可能性を見極めるべく大和ハングへ。 もし可能性があるなら来秋通い込めばいいと。

HelloAgain(HelloGoodbyelow)ついでにバラしていたProject、本腰入れて着手。抜け方をどうしようか悩んでいたが、栗崎がリップ掃除するということで、ひとまず待ってみる。

〈ロープに下がり掃除と、抜け方を探る〉

掃除が進むにつれ、あまりのホールドのなさに落胆していく様子が見られた。下にいる私もその状況を理解し悩む。helloGoodbyの方に抜けてもいいが(上部左へトラバース)、望むラインは直登…。

出来るのか…。掃除を終えた栗崎は、私を気遣ってか早々にロープを抜き、ボルダリングスタイルを貫けるチャンスをくれた。
にも関わらず私は負けてしまった。迷った挙句自分のロープを出し下降。ラインが本当に成立しているのか気になってしまった。ホールド確認、かなりシビアなホールディングが要求されるが成っていることがはっきりとわかった。

微かな抵抗で、早々にロープを抜き、マットを敷き右ラインの上部をやる。

数便で上部は出来た。後味の悪さを代償に、この岩の全容はわかった。
少し激し目のアップも済んだところで下部のmoveを軽く確認。

初手、えぐい二つのカチで離陸。離陸だけでも相当悪い、そこから左手で2本指ポケットを狙う。その後体勢を整え左手ビッグジャンプ。あとはシビアな上部パートに入る。

なかなか初手がとまらない。
初手が完全に決まってもランジで落とされる。

初手のポケットもエグく、皮が裂けそうな気がしてきた。
大きく休んだ次の便、ランジをしっかりと決めた。

大穴で休むことなくそのまま上部に突っ込む。リップ手前の1本指ポケットがえぐいが、下部で抉れる右手ではなく左手。

ガバに見える大穴もめちゃめちゃたるい。正直全然効いていなかった。

苦しまみれにあげた右足が良かったのか。。。
(その後別日に、他のprojectついでに上部確認のトライをしたが、この時成功したmoveは一切出来ず……)
今思えば、、なぜ成功したのかよくわからない。

テンション高めで乗り切ることができた。

Bloomin’ v12(四段)


栗崎はHelloAgainにトライ。かなり気に入ったようで、課題の質を上げるべく下地整備。下の石が初手、2手目のmoveに干渉し気持ち悪かった。

1時間半かけて石を動かす。これで快適トライが可能に。栗崎、この秋の目標が出来て良かったと思う。後半ヤバめなので怪我に気をつけてトライしてほしいなと。

ちなみにこの岩最後のproject、HelloAgainスタートからbloomin’抜けも整備のおかげでスッキリトライできるようになった。
可能性はどうなのだろうか?人類到達可能だとは思うが私に届く難易度なのか?気になったものの体力尽きて次回にまわす。気温上がりきる前にもう一度来たい……。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください