1.29
次なるprojectが思いつかなかったのでふらふらしている内にたどり着いた川際のルーフ。
可能なことはずっとわかっていたが、何となく本格的にトライしてこなかったのは脆さからか。

はじめて腰を据えてやることにした。

まずは後半部のおさらい、
いきなりホールドが欠けて吹っ飛ばされる。
そのまま川へ……

image

気温0度…
めげそうになったが、とりあえずmoveだけバラして撤収。
少しコンディションが悪かったことを理由にして暖かい車に戻った。

2.5
前回何となくバラしたmoveを確認しに再びルーフへ。
今回は川に落ちないようにランディング整備。

image

相変わらず雑だが、ないよりはましだ。
しかし…この日の天候は吹雪。
川に落ちずとも寒い。
そそくさとmoveをバラす。

サタンポー同様にかなり難解。分かるまでに1時間以上かかった。
その後、ルーフ内の明瞭なスタートから登りきる。v10あたりだろうか。
迷ったが、名は付けないことにした。

ルーフを支えている別の岩を踏めば、ルーフ付け根からいける。
あまりに寒すぎたためこの日はこれまで。

2.9
あまりに課題が気になって強行スケジュールの合間を抜き、挑戦。
翌日、monoでのセットが入っていたため指かわダメージは避けなければならない。
ルールを課さないといつもの如く深追いしてしまうので、繋げ3便やって駄目なら潔く帰ろうと決めた。

いつも以上に慎重にmoveをおさらい。
指かわ温存モードで。
前回登った上部パートもさっくりリピート。
しっかり休み繋げ1便目。

image

無事完登。
正直、もっと早い段階で登れた気もするが、3度訪れ3度それぞれに違った景色を見ることが出来た。
このルーフの下は、中々に心地良い。
登れたその日は天気も良く、川に反射した光がルーフを彩る。
それは天然の天象儀のようで…。

名を天象 グレードは一応v12 四段を提示する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です