失落のバルジ

11.17
こないだ登り損ねた尖った岩のランジを。
数回跳んだが、どうもダメ。
2日前のトレーニングが響いている、右腕が回復しきっていない。

変に踏ん張ってしまった時の着地ミスが怖いので潔く諦める。

時間も無い中、1時間を無駄に使ってしまった。
慌てて移動、前回見つけていたバルジへ。
アプローチは長いが魅力的な岩。

すぐさま取り付く。
ホールドを確認、バルジをダイレクトに抜ければ物凄くカッコいいラインが出来る。

キーとなる中央のカチを確認、すると体重をかけるまでもなく周辺ごと剥がれた。

…おかげで人類到達不可能なブランクセクションが出来上がった。

最悪だ。
仕方ないので右のカンテからバルジ突破を目指すことに。

これはこれで中々面白い。
絶妙な外傾具合のカンテを抑えて、傾斜の変わり目のスローパーをダイナミックに狙う。

いい感じ…なのだが、
やるにつれて、そのカンテすぐ右にカチがある事に気付く。

はじめは無視していたが、
堪らず持ってみると保持するには充分なかかり具合。

それでも無視し、とうとうmoveは出来た。

自己の欲求はこれで満たされた。
変に限定をつけて岩を登っても仕方ないので、
普通に岩登りを楽しんだ。

そうして出来た課題、
失楽のバルジ
img_1964

思い描いていた理想的なラインやカッコいいmoveではないけれど、課題としては素晴らしいと思う。
ただ、心は満たされなかった。

こんなことも、よくある。
仕方ない、次の岩に期待しよう。

昼過ぎに撤収。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です