LonelyNightMagicSpell 初登

難しい岩を登れる季節が終わった。
それでも、ハードなクライミングがしたいという気持ちが強かった。

空白の4月、そして5月前半。
今年はこの季節に珍しく程よい気温が続き、岩を想う時間が長かった。

/////

5月25日
新たなprojectを探しに出る、来季のために。ついでに難しい岩に挑戦できればラッキーだ。

まず最初の狙いは玖珠川上釣のハイボール。過去一度だけやろうとするも、その時はランディングの悪さにビビリ突っ込めず。
今回はマットを二枚運び挑戦してみることに。

たるい棚にヒールで乗り込み、次の一手を探る。足がすっぽ抜けそうで怖い。ヒールが残って上半身から落ちるのも怖い。

前回やった際はmoveを起こし闇雲に次の一手を探ろうといたが、今回は明確なターゲットホールドを決めた。ひとまずリップ手前にカチが見えているのでそいつを狙うことに。

落ちたくない箇所の攻め方を学んだのだと思う。狙いを明確にすることで、目標とする動きや落ち方鮮明になる。すると、恐怖心も和らぐ。

試しにやってみた1便目、早くもその一手がとまった。リップへ。想像していたよりもたるい。一回降りることに。マットにジャンプする。衝撃は軽い。万が一ここで落ちても、大丈夫そうだ。

裏から周り、リップを掃除する。ホールドはないが、形状をうまく効かすことができると思った。しばらく休む。
その間にも気温はどんどん上がる。日差しも強く、岩は熱くなる。

はじめは秋に登れれば良いと考えていたが、目の前に登れそうな岩があれば、無意識に完登を意識する。
雲が出てきた。やる。

リップから先、形状がうまく効かすことができず少し焦ったが、何とか予定のmoveが決まり、無事にトップアウトに成功。早くも登れてしまった。

LonlyNightMagicSpell グレードはよくわからない。けれど間違いなく良い岩良いラインだと思う。

素晴らしい体験をすることはできたけど、秋の目標は見つからなかった。
時刻は15時。
時間はまだある、もう少し彷徨うことにした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください