「Rednoah」カテゴリーアーカイブ

RedNoahP,今季敗退/そして

3月9日
あまりに暑過ぎた。

川を渡るには晴れ続きでなければならず、
陽が刺さると岩が熱くなる。

終わりを悟った。

どちらにせよ1move、手応えがない。
1手だけなら10回に1回程度出来る。しかしv10の下部を熟してこの1手、今はできないだろう。

来季へ
…来季、今以上に能力をあげれるのだろうか?

若干不安。
トレーニングメニューの数値は一応漸進傾向だけど。。

昼過ぎまで一通り練習をし、今季敗退を決めた。
(チョーク: RXはバチ効きだけどこの時期指先に熱はこもり若干グチャグチャになるのでトライ毎RX1回/v3を2回が丁度良かった。)


あまりに手応えのないクライミングで1日が終わるのも微妙だったので寄り道
天象のルーフの側面のproject。ラインになっているのは明らかだったけど、当時moveを作りきれず、長らく放置。

今日登りきるつもりでいた、解ればそこまで難しくないだろうと。

moveがバレたとところで時間切れ。流石に1時間じゃどうにもならなかった。バラしたmoveが適正だったとしたらv13以上ある……、次回本腰いれてやってみよう。

RedNoah project1

ASHITAの初登後、暇を見つけては川の水位データをチェック。2月に入り、ようやく水位が安定してきた。

2月3日
ダメ元RedNoahLowPへ。水は多かったが何とか渡れた。

ようやく対峙、日差しをもろにくらうのでトライできる時期は長くないだろう。今日せめて形だけでもつくっておきたい。

見立て下部が悪そうなので、そこからやる。

スタートのポケットとフレークを除くとフェイス中にカチ一つ。右カンテはどこも効かすことは可能だがホールドとは呼べない。そんなカンテの存在が構成を複雑にする。

半日かけて、moveが出来た。正直できるか半信半疑だったのでかなり嬉しかった。初手のカチがかなり痛く、move判明時にはかなり消耗。

下部が出来たところで中間部をやる。
RedNoah本体への合流の1手も悪く、結局この日出来なかった。ただ、これは何とかなるだろう。次回に。

〆に上部、2013年に登ったRedNoah本体の確認。
気持ちよく終わる予定がハマる…。

難しいというより怖い。ランディングが悪すぎる。思えば初登時、レスト中の仲間のマットを借りて登ったんだった。
フックが残ったままフォールしたらとんでもないことになる…。

Lowのプロジェクトトライ中、後半で落ちたらまずい。せめてもの抵抗で、フック以外のmoveを組み立て直し日暮れ間際に
再登。
うーん、感触が極めて悪い。フレッシュならまた違うのだろうか。


2月6日
まさかの中2日での再訪。アプローチは相変わらずつらい。

前回余力なくバラせなかったRedNoah合流の一手をやる。2時間かけてわかったのは、ここも十分すぎるほど悪い。10回やって1回とまるかどうか。左足と左手のカチが渋すぎる…。

下部の核心をこなしてこの1手……。今季は正直厳しい気がする。
全容はわかった。とりあえず今季あと一回、勝負にはならずとも万全の状態でやろう。次期につなげるために。

完全敗退。

帰り、日暮れまでサジタリウスの岩でバリエーションをつくって遊ぶ。
撤収。