1990年代中盤からトップロープ課題として登りはじめられたコヤの竹林の岩群。
その後一旦落ち着き2000年中盤、ボルダリングの対象として再注目された。

ただ諸事情によりクローズされ今に至る。

昨年末より、RockNaviメンバーや外部組織の数名に協力いただき、

観光協会、
入り組んだ地形の地権者の方達探しから挨拶、
そこで生活する方々の意見集め、

それら全ての局面を同時進行で進めていった。
観光協会との強い連携が必要になってくるのはまだ先の局面として、まずはそれ以外をメインに進めていくことになったのだけど、それぞれで様々な課題が出てきた。

ただ、少しづつの進展もあり
4月2日、とうとうエリアにマットを担ぎ堂々と入ることが出来た。

ここを生活の拠点とする方と肩を並べて歩くことが出来た。
胸に沁みる、
関わってくれた全ての人に感謝。

ただあくまで0から1になったに過ぎない。

どこからどこまでの範囲で整備できるのか…
その程度は…
駐車位置やイノシシ除けの柵、岩までのアクセスにおいて地元の活動配慮など…

まだまだまだまだ、時間はかかる。
私が相変わらず頼りないのか、いつもの如く地元の人は様々な助言をくれる。
そんな気持ちに応えて、まずは信頼を得たい。

作業としてまずは確認が取れていると確実に言い切れる範囲の整備と、課題数の約6割にあたるであろう1990年代の課題の照合から。
少しづつやろう。

この日はひとまず説明用の岩の整備と、かつて登っていなかった岩を。
そんな話はまたそのうちに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください