ずっとやりたかった荒神岩の中央完全体。

登れたから良いものの、タイミングが合わずシーズンももう終わる。


3/15
どうもパリッと晴れる日が少ない、この日も予報では午後から雨。だからといって早起きなどできるわけもなく、岩に着いたのは11時過ぎ。

一年以上放置していたのでかつて苔むしていたリップはどうか。
上に回り込んむ。
葉っぱと土、そして僅かな苔が生えていただけで、掃除は20分程で済んだ。

いざバラさんと気合を入れ取り付くも、中間部で思いっきりスリップしマット外へ。
着地自体は成功したが、ガレ場の下地は厄介で踵と太ももを強打した。太ももは擦れた程度で、痛みさえ我慢すれば特に問題ない。ただ踵は登りに響く。

少し休み再開、辛うじて靴は履けた。

核心は垂れたリップから遠いサイドカチを狙う一手。
傾斜は強い上にリップがすっぽ抜けそうで怖い。
しかもそこまでの10手でかなりのダメージを負う。

1年前、スタンドでやった際もメンタル勝負となった。
さて今回はどうか

バラシも落ち着き、一旦車に戻りマットを2枚追加する。
1便目、初手でスリップフォール。
傾斜が強く、全パート足がきれたら思いっきり振られ落ちする。

ダイナミックに動きつつ足を残す、
ある種かなり得意なタイプで動き自体にはそこまでのストレスは感じないものの、
傾斜、高さがありプレッシャーは強い。

2便目、2度のダイナミックな右手だしを成功させリップへ。

リップの保持感はギリギリ。
吹っ飛んだとしてもマットはあるので大丈夫。

思い切って突っ込む、左手は無事サイドカチを捉えた。
素早くマントルを返し岩の上の立つ。
荒神岩中央ラインが終わった。

名は、キーとなる同じ形のmoveが2個あるので
「ニコガミ」
グレードはプレッシャーを加味せず「V11」とする。

少し気が抜け、暫く休んだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください