10年の歳月を経て…
私は変わったのだろうか。

今日は野下さんの命日だ。

joyでは当たり前のように語り継がれ普通に聞く名だと思うが、世間一般的にはもしかしたら知らない人の方が多いかもしれない。

野下善秋氏、主に日向神で活動。数多く作られたルートの中でメジャーなものもいくつかあるが、どちらかというなら玄人好みの仕上がりになっているものが多い。ただ本匠のナマコの涙5.12aで分かる通り、稀に爆発的に大衆受けするルートも残してある。

〜joyがプライベートウォールだった頃、雨の降った休日などはよく遊びに来てくれた。

氏の話す岩の話がとても好きだった。氏の開拓スタイルがとても好きだった。氏の残したルートがとても好きだ。
泥臭くどこまでも一途で。

色んな岩を教えてくれた。

最後に教えてくれたその岩は当時の私にはとても残酷だった。可能性を感じるとかそういった次元ではなく、登攀対象にすら見えなかった。
そして私の対応もとても冷酷だったかもしれない。これは不可能ですねと返した。

今でも後悔している。

少し残念そうな顔をしながら、私なら登れそうな気がするんだけどという暖かいニュアンスの言葉をかけてくれたその光景は今でも覚えている。

数年前、ようやく可能性に気づき、今ようやく勝負できるまでになった。

今更ながら10年前の私に問いたい。想像的なクライミングを追い求めていた割に想像を広げようとする努力を怠っていたのではないかと。
自分の見えるものでしか物事を判断できていないのではないか。

そんな事を考えながらふと思うのは、それはそのまま今の自分にも当てはまるのではないかという事。

10年の歳月を経て、何か変わったんだろうか。
思考はたいして変化していない…
ただ、能力だけは上がった。
それは明らかだ。

後悔が消えることはもはやこの先もないと思うが、力あるうちにこれだけは何としても登っておきたい。

この10年を経て、
ようやく期待に応えれるようになったならば、何としても応えたいと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です