鳥取最終日「稲垣さんと」

朝日に気づき目が覚めた朝、
私は車の中のサターンの上にいた。

5/21(月)

全身筋肉痛、指皮もほぼ残っていない。
さらには左手薬指に圧痛あり、本格的に故障していることに気付いた。

稲垣さんに、今日は岩登り無理そうだと連絡する。
温泉にでも入って長距離運転に備えようと決めた。


実は先日のコンペ会場で、’あの’稲垣智洋氏に会った。(度々書いているので説明略)
コンペ会場で会うなんてびっくり、
思わずテンションが上がり話し込んでしまいそうなところ、何とか我慢。


しばらくして稲垣さんより
「今日は涼しそうなんで岩に行こうと思っている」
といった感じの返信あり。

羨ましく思えて、再び予定変更。同行させてもらうことに。

車をかっとばし2時間後、岡山にて合流。
真備へ。

言われていたよう気温はそこまで上がらず、エリアには風も入る。
さらには岩のコンディションも良かった。

心配していた薬指も、カチで構成された課題では特に影響なし。

万全だった。
ただ相変わらずカチに弱い…
目隠し 初段

帰りがけに寄りたいところもあったので敗退を決めた。


14:00
少しだけ時間があったので岩をもう一つ。
スッキリ登れる1級あたりがあればと尋ね、稲垣さん即答で「ならば矢掛が良い」と…。

岩に到着、
どのラインも登攀意欲を刺激するカッコいいラインであった。

ただ、
1級よりも美味しそうに見えるラインはフェイス中央の初段。
聞くとやはり名作らしい。

ターゲット変更、

矢掛ノ親指君 初段

見た目も良いのだが、内容も味わい深く爽快なシーケンス。
気持ちよく〆ることが出来た。

という事で目的地、先週コーヒー豆を送ってもらった広島県福山のお店へ。
(まさかこの旅で来ることが出来るとは……)

稲垣さん、リュージ、最強に感謝。
閉店まで滞在し福山を後にした。


旅の終わり、
思えば想像以上に色んな事があった。

過酷な運転も体験の余韻に浸れば案外余裕で…日を跨ぐ前に久留米着。
全行程を終えた。


動画
鳥取三滝
・段 初段
・斬 二段
落折(三段)の岩
海辺の岩
・退屈 二段
・トライアングル 4級
・なまけもの 3級
・チキンドリア 初段
岡山
・矢掛ノ親指君 初段

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です