湯釣再編については前の記事を。記事通りエリアについては夏前に。

前回の記事

今回は別編。


5月16日 正午過ぎ
ハング前の木陰で2人、暑さを凌ぐ。

エリアをまとめる目的の中、私ははまってしまった。2011年初登の「ナキ・ムシ v10(三段)」が悪い。

初登時のスタートはしっかりとしたガバがあり出だしのポッケ狙いの強度は低く、核心のフックムーブもバチ効きでv9(二段)公開。エリア公開直後、そのガバが欠損しv10(三段)となった。

えぐい1,5本指ポケット狙いの初手も強度は大幅に上がり、

核心の一手については、ヒールの掛け方がかなり渋くなっていた。

ラストのランジまで濃厚な内容。
(ナキ・ムシはAirPocketのランジ手前の右手まではいかない。)

再登が出ていないので、私個人の意見になるがv11(三段)にあげたいと思う。

ポに無理をいってもう少しだけ付き合ってもらう。ナキ・ムシからロビンソンに抜けるラインを登っておきたくなった。ポは快く承諾してくれた。

ナキ・ムシのダメージはそこそこあったが、ポと昔話をしているとかなりの時間が経ったようで全快。

「ナキムシロビン v12(四段)」
ロビンソンの核心前のカチガバが、どうしても手順合わず持ち直しに3手…この細々しい感じがストレスだった。

※ちなみにロビンソン上部が前以上に崩落していたため、手前の左の木を終了点とした。トップアウト出来ないのは残念だが、内容は面白いと思う。

無事登れたところで、再びポとエリアをまわる。

5月16日 湯釣再編動画

モスラs v5
ナキ・ムシ v11
ナキムシロビン v12
椿達磨 v3
ツルツルポ v4
Jack in box v2
菜の花カンテ v4
Time line direct v8

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください