2/21superJET

傾斜の強い一枚岩。
そのど真ん中に垂れたポケットを地ジャンで狙う。そしてリップへランジ。

「ジェット v10 三段」2015年初登

岩も動きもラインも良く結構気に入っていた一本なのだが、もう時期破壊される可能性が出てきた。

2020年豪雨の際に周囲の道路が崩壊し、その護岸工事のため現在河原に重機が出入りしている。破壊されたいくつもの巨石を見てきたのでどうも不安になる。

実はprojectもあった。

中央の垂れたポケットの下にエグい小さなポケットが2つ。ロースタートができるのではないだろうか?ジェット初登時も取り付きはしたが離陸で精一杯。

あれから随分経った。今ならどうか?ポケット耐性は増している、破壊される前にやらねば。

冬、機を探しながら過ごした。
日中は工事につき立ち寄れる感じではない。ナイトを狙う。

 

2月21日

岩場帰りの夕方、その日の工事はすでに終わっていた。いつもより少し早い。指皮、体力はまだ残っている。立ち寄ることを決めた。

初めはまだ陽があったもののアプローチに時間がかかり、結局岩は闇の中。

久々に対峙するポケット群
少し心配だったが指の収まりも良く、触った瞬間これは登れると感じた。

案の定サクッと離陸できmoveも起こせ直ぐにたるいポケットも捕らえた。問題はそこから。リップへのランジが怖すぎる。ナイトにつき落下中に下が確認できない。

不安を感じながらトライを続ける。

数トライ目、リップに指がかかるがかなり浅い。落ちるかと思ったが何とか振られをいなし身を残す。

「superJET v11」

滞在時間30分ほど。時間の割に充実したクライミングが出来た。

JetもsuperJETも極めて良い課題だと思う。消滅する可能性を恐れて勝負を急いだが、護岸工事の様子を見る限り影響はないようにも見える。

何とか残って欲しいがどうか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください