瀬戸甌穴二日目

瀬戸甌穴、そして閻魔堂の話にくいついてきたタック。
休みがあったので一緒に行くことに。

6月9日 瀬戸甌穴 二日目

そもそも私は夏に来ようと思っていた。
案の定川の水はまだ冷たい。。。

私は閻魔堂のハングの左の綺麗なバルジを。
タックはハング切れ目のフェイスを。

タックはすぐに初登
「ワタアメ」

緊張はしたと話すがどうも少し物足りないみたい。

私のほうは全然駄目。

出だしが完全にブランク。
真上には掛かりの良いホールドが見えるので離陸さえできれば何とかなりそうなのだが…
2時間かけても良い案が出ず。

綺麗なラインを前に、なかなか諦めをつけることが出来ず。

ーーーーー

昼過ぎに閻魔堂の左のラインに切り替えた。

タックも長い時間、岩の上で葛藤。
「閻魔堂、やれるのか?」

緊張感が伝わってきたが、しばらくしてどうやらやると決めたようだ。

上部で落ちる分には水深あるので大丈夫そうだが、下部は岩盤が少し怖い。そこで倒木を投げ込んでマット一枚敷けるスペースを確保した。

果たしてこの下地が衝撃に耐えれるかどうか?
それでも気持ちは随分と変わる。
私もその恩恵を受け、左のラインを登った。

「カルマキョウ 5.12b/c」

その後、タックも「閻魔堂」を登る。

渾身の登りを見た。
時折見せる心の篭った登りは私も刺激を受ける。
何にせよ落ちなくて良かった…。


二人でしばらく岩の上で佇み帰り支度。
私は少し不完全燃焼。

バルジ、もったいないな。。。下部を右から巻いて上部だけやろうか。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください