ABP、その後縁他

1月6日
朝、ABP(あした初登)を登る。

予定通り時間に余裕が出来たので、今季最も苦戦するであろうRedNoahPをやりに移動。果たして勝負になるのか。

1時間近くかけて移動したのにどうも川の水量が多い。

一番近いアプローチは通行不能。仕方なく対岸にアクセスできそうなポイントを何箇所かまわるがどこも厳しい。

結局、岩まで辿り着けず。実は今季一度も対峙できていない。何となく、やりたい時にやれると思っていたけどどうも違ったようだ。
気温が上がりトライ出来なくなるまで残り3ヶ月。時間がない。焦る…
(この日より川の水量をチェックするようになったが未だトライできていない。)

仕方なくエリア移動。
どうするか迷ったが、やや遠い「縁」に行く。2014年に登った岩だがどうもランディングが変化しているようで。


2020年現在


2014年時

下の邪魔な岩がなくなり、すっきりとしたスタートが可能になっていた。

リップへのダイナミックな一手が非常に面白いライン。当時はランディングが狭くトライ中何度か川に落ちたが、今はしっかりと下地もありトライしやすい。


縁(エニシ)
2手下のアンダーからすっきりとスタートし登ったわけだが、グレードはどちらも変わらないだろう。ならばこの方が良い。グレードはv9くらいだと思う。

2014年はかなり多くの初登をしていて一本一本の記憶が薄い年だが、「繊月の如く」然り改めて辿るとかなり良い岩を登っている。
縁も、このグレードをやる人にはかなり良いと思う(それなりに高さはあるので振られ落ち慣れか、力量的に余裕がないとやややばいが。)というよりv9では間違いなく”紹介できる良い岩トップ5“に入る。このあたりに良い岩はこれしかないが、気になる人がいれば案内したいと思う。

微妙な時間だったので周辺で少し登り、雨が降り出したところで撤収。

岩の上のパイナップルみたいな木が特徴的。
パイナップル v2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください