ウラノメトリア

10月16日
夜だらだらと仕事で夜更かししてしまったため、起きたらすでに昼過ぎ。
とりあえずシーズン中に成果を上げるために、短時間でも取り付こうと…
クララ岩完全体の自動化を目的に出向く。

到着すると岩の下はうっすらと水が流れていた。
下地を戻すべく整備、一時間消費…。

残り時間1時間ちょっと。

image

後半のパートを確認。少しシーケンスをいじった。強度は上がるが、不確定なデットを省く。上でどうでもいいミスを防ぎたい…よれ落ちするなら、期間内に持久力を増せばいい。
前半もシーケンスを2つ改善。一つはシーケンスが増えたが確実にこなせるように。
もう一つは、星の契りv13のパートの核心部で足上げの際のシーケンスをショートカット、一気に行うことに。

クララをやっていた時は成功率がかなり低くやめたmove、
それがコンスタントに出来るようになっていた。
多少は上達しているようだ。

image

3ついじったところで、どの程度の負荷になるか想像が出来なかったので、回復後繋げてみることに。
30分程度あったので3便程度は出せる見積もり。

一便目、
前半は極めてしっくりきたが、中間の契りのパートで、新シーケンスに躊躇し旧シーケンスで入ってしまう。
すると、やはりよれて後半がギクシャクしてしまい、落ちる。

だからシーケンスをいじったのに……。

2便目、
前半はシーケンス変えたおかげで安定してこなせるようになっていた。
契り、足上げはやはりつらいが新シーケンスをぶち込む。
繋げて初めてマニアックなキョンが決まった瞬間…
空間がイマイチ把握できておらず次のホールドを見失う。
デットでブラインドポッケを狙い、たまたま当たってしまった。

後半戦、まだ余力があったが考える余裕はなかったので自動化に身を委ね動いてみる。
リップを捉え、ダブルトウを決めてからは、疲労よりチョークの残りが気になりつつ、
滑らぬように、重心をブラさぬ意識をしながら進む。

気づけば、上のフェイス面に身を置いていた。

動画
http://youtu.be/ylqEKZYZpg4

登れる準備を全くしていなかった。
能力が多少増していることに少し驚いた、壁の中に身を置いている中で…。

暫く踞り、落ち着いたところでトップアウト。

不思議なことに登れたことに驚きはなかった。
来るまでは狙えるなんて思ってもいなかったが…。
細かいシーケンスを修正した時点で
何となく登れる負荷に感じていたのは確かで。

image
発見から随分長い時間が経過した。

数年は、水の中に在り、
水害を経て陸に現れ、
その後執拗なトライにより、
昨年、中間部から始まるホシノクララv13が出来た。

そしてその直後、水量の増加で土砂に埋没。
今年の夏に再び土砂は流されたが、下地は再び水に…。
仲間の協力を得て陸に戻され、
開拓中のエリアとは全く方向の違うこの地へ出向くことを許されながらのトライ。
……そしてやっとこの日、ルーフの端から端を繋ぐ完全体が完成した。

予期せぬ終わりは、想像より呆気なかったが
それでも私のこれまで登った長い課題の中では最も難しいのは明らかで、一応は過去の限界値を超えたと思う。
限界値超え…
それは、この岩に期待していたことの一つであっただけにきちりと果たされた。

開拓初期からの経緯、期待、今後、
思うことは沢山あり、書ききれなくなるので今日はこれくらいにしておこう。

名を
Uranometoria ウラノメトリア
グレードはよくわからない、再登含めどのv13よりも難しいが、この次元において、数値が一つ変わることはそんなに想像しやすいものではないので…v13+を提示する。

ひとまずこのエリアの全課題が出揃った。
気になる方がもしいてくれるなら、是非とも案内したい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください