唐泊2:凪とブラックインベーダー

天上桟敷を登った後の話。
奥にあるもう一つのopen projectを見に行くことに。

目的の岩は海に沈んでいた。思い返せば、いつ来てもこの岩は海の中。
干潮は18時過ぎ、今日は駄目かもしれない。


本題の「凪」をやる。
噂では不可能と聞いたのでどうかと思ったが、登ってみた感じv7くらいだろうか?最初の状態は思い出せない。

陽が落ちはじめた頃、潮も引いてきた。せっかくなので少しだけprojectを。

小さなハング、カンテを使ったラインは大昔から在る。projectはハング中のホールドだけで登るラインだろうか。

何パターンかで登る。

一番しっくりくるのは
「右手:カンテ際サイドカチ/左手:普通のカチ」。
最もわかりやすいホールドだと思う。

black invader v9 or v10

その後も色々なパターンで遊んでいたら、太陽すでに山の奥。慌てて帰り支度をする。
夕景の中、今日も無事楽しめたことに感謝しながらダラダラと歩く。

防波堤の灯りが際立つ頃、駐車場に到着。流石に疲れた。
久留米まで遠い。エリアから近い友人のジムに寄りコーヒーを淹れてもらう。
癒されたところで久留米へと。

唐泊トポ更新分リンク

唐泊トポ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください